【初心者向き】CFD入門完全ガイド!CFDの「キホン」をやさしく解説!

初心者向きCFD入門ガイド

CFDってFXみたいなものでしょ?と理解していても、投資対象の違いや銘柄の多さにより、敷居が高いと感じる方は少なくないかも知れません。

しかしポイントを絞って学んでいけば、難しく考えることもなくちゃんと理解できます。

キホンさえ掴めば、CFD投資はより身近なものとなるでしょう。

 

それでは、CFDを学べる情報コンテンツをどうぞご覧ください。

CFDの銘柄について

FXは通貨ペアが投資対象ですが、CFDは金、銀、大豆やコーヒーなど身の回りに溢れたあらゆる銘柄に投資ができます。

 

ニュースで流れる「本日の米ドル円相場は〜」と耳にすることもありますよね。

もうすでにFX経験のある方でしたら、よく分かる話ですが、投資を始めると自然にこういった情報が頭に入ってくるようになってきます。

同時に「日経平均株価」「ニューヨーク・ダウ」「ナスダック」もニュースで聞いたことがあるけど、どんなものかはっきりと分かっていない方もいらっしゃるでしょう。

 

ここではCFDの代表的な銘柄である日経225とニューヨーク・ダウ(NYダウ)の2銘柄を対象に、詳しくご紹介しています。

店頭CFDと取引所CFD

日経225、NYダウは株価指数と呼ばれるカテゴリーで、この株価指数をCFDで取引するには「店頭CFD」「くりっく株365(取引所CFD)」の2つがあります

両者の違いは取引所を介しているか、介していないかの違いで、取り扱い銘柄数、手数料に関しては店頭CFDの方が有利となります。

対して、配当金がもらえる点に関しては、くりっく株365の方が圧倒的に有利です。

 

くりっく株365の詳細はこちらのページで解説しています。


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!