グランビルの法則の見方・使い方

グランビルの法則とは、移動平均線ゴールデンクロス・デッドクロスを考案したジョセフ・E・グランビルによって編み出されました。

もともと株で使われていたグランビルの法則ですが、FX取引でも利用ができます。

逆に言えば、FXで使い方をマスターすれば、株取引にも応用ができますね。

このグランビルの法則は1960年代の出版されたグランビルの著書で発表されましたが、現代でも全く色褪せることなく、売買のタイミングを計るために活用されています。

 

それではグランビルの法則を見ていきましょう!

まず、グランビルの法則には売りポイントが4つ、買いポイントが4つ、全部で8つの法則があります。

 

①〜④ = 買いポイント ⑤〜⑧ = 売りポイント

グランビルの8つ法則

基本的な見方としては、移動平均線が上昇・下落しているのか、為替レートにどのようなトレンドが出ているのかを見て、その後の値動きを探るという流れとなります。

グランビルの法則【4つの買いポイント】

買いの法則①

買いポイント①

移動平均線が横ばいか上向きのとき、レートが上昇して移動平均線を上抜いたら買い。

つまり、移動平均線とレートのゴールデンクロスとなります。


買いの法則②

買いポイント②

移動平均線が上昇中に、レートが一度移動平均線を下回りつつも、もう一度上に抜けてきたら買い。


買いの法則③

買いポイント③

移動平均線が上昇中に、レートが移動平均線に近づいて下降したが、タッチせずに再上昇したら買い。


買いの法則④

買いポイント④

移動平均線が下落中に、レートが移動平均線を下抜けて大きく離れているとき、移動平均線の位置まで戻り買い。


グランビルの法則【4つの売りポイント】

売りの法則⑤

売りポイント⑤

移動平均線が横ばいか下向き始めたとき、レートが移動平均線を下抜いたら売り。

つまり、移動平均線とレートのデッドクロスとなります。


売りの法則⑥

売りポイント⑥

移動平均線が下降中に、レートが一度移動平均線を上回りつつも、もう一度下に抜けてきたら売り。


売りの法則⑦

売りポイント⑦

移動平均線が下降中に、レートが移動平均線に近づいて上昇したが、タッチせずに再下降したら売り。


売りの法則⑧

売りポイント⑧

移動平均線が上昇中に、レートが移動平均線を上抜けて大きく離れているとき、移動平均線の位置まで戻り売り。


移動平均線の期間は何日がベストか?

もともとアメリカ・ウォール街の記者であったグランビルですが、グランビルの法則は200日移動平均線をベースとしています。

これは、期間を長くすることで、ダマシを極力少なくするためであったと言われています。

チャートに表示させる期間を200日のように長くすればダマシは少なくなりますが、売買サインも比例して表示回数が少なくなります。

逆に5日など、期間を短くすると売買サインは増えるものの、ダマシも多くなるので注意が必要です。

分析には21日、25日が多く利用されていますので、最低でも21日以上の期間でチャート分析をするといいでしょう。

また、グランビルの法則は、世界中のトレーダーは誰もが知る売買サインです。つまり移動平均線を見て、どのタイミングで押し目買いや押し目売りをするかの判断材料にされていますので、今の為替レートはどの時間足が意識されているのかを考えることが大切です!

チャート関連ページ

テクニカル指標・トレンド系

テクニカル指標・オシレーター系

無料の分析ツール

オートチャーティスト特集!


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!