酒田五法の見方・使い方

酒田五法とは、江戸時代の天才相場師であり、ローソク足の考案者とも言われる本間宗久が編み出したテクニカル分析手法のことです。

山形県酒田市の出身にちなんで、酒田五法と名付けられました。

この五法ですが、売買のタイミングを次の「5つの法則」で見極めるという仕組みとなっています。

酒田五法の基本

まず始めに、酒田五法の基本となる、相場に対する心得について見ていきましょう。

酒田五法を編み出した本間宗久は、相場心得「宗久三位伝」を残しました。

宗久三位伝

機を待つに即ち「仁」

チャンスがくるまで、待ちましょう、ということ。

機に乗ずるに即ち「勇」

チャンスがきたら、勇敢に乗りましょう、ということ。

機を転ずるに即ち「智」

次に繋げるために、状況に応じて気持ちや考えを切り替えましょう、ということ。

宗久三位伝では、「仁」「勇」「智」の3要素が相場で勝つために不可欠であると説いています。

これは、現代でも十分通じる心得となっています。

それでは酒田五法について、一つづつ見ていきましょう。

酒田五法 "三山"

三山

【読み:さんざん】

三山とは、上昇相場時に現れる足型で、文字の通り山のような形が特徴です。

上昇トレンドにあった相場が、上値付近まで3回上昇しては跳ね返され、上昇しきれずに3つの山ができたような形が目印で、三山は天井圏を表します。

売りサイン
三山

▲上昇を3度試したものの、上昇しきれないときに現れるのが三山。
一般的に上昇相場の終わりを意味します。

3度目の山が出現後、それぞれの山の安値を結んだライン(ネックライン)を割り込んだときが、売りサインとなります。

このチャートパターンは、一般的にはトリプルトップと呼ばれます。

なお、3つの山の真ん中が、左右の山よりも高くなっているものは、三尊(さんぞん)やヘッドアンドショルダー(ヘッドアンドショルダーズ・トップ)と呼ばれ、こちらもネックラインを割り込んだら売りサインと見なされます。

同じ使われ方としてダブルトップがありますが、ダブルトップに比べても天井から跳ね返される力が強いことから、こちらの方が信頼度はより高くなります。

逆三山

【読み:ぎゃくさんざん】

三山とは逆に、逆三山は下降トレンド時に現れます。

下降トレンドにあった相場が、下値付近まで3回下降しては跳ね返され、下降しきれずに3つの谷ができたような形が目印で、逆三山は大底圏を表します。

買いサイン
逆三山

▲下降を3度試したものの、下降しきれないときに現れるのが逆三山。
一般的に下降相場の終わりを意味します。

3度目の谷が出現後、それぞれの谷の高値を結んだネックラインを上に抜けたときが、買いサインとなります。

このチャートパターンは、一般的にはトリプルボトムと呼ばれます。

こちらも三山と同じく、真ん中の谷が左右の谷よりも深い場合は、ヘッドアンドショルダーズ・ボトムと呼ばれ、こちらもネックラインを上に抜けたら買いサインと見なされます。

同じ使われ方としてダブルボトムがありますが、ダブルボトムに比べても大底から跳ね返される力が強いことから、こちらの方が信頼度はより高くなります。

酒田五法 "三川"

三川(さんせん)は、大きな陽線と陰線(もしくは陽線と陰線)の間に、コマ(極線)と呼ばれる、実体の狭いローソク足や十字線が現れたパターンで、3本のローソク足から相場の転換点を判断します。

典型的なパターンとして、三川宵の明星と、三川明けの明星が挙げられます。

三川宵の明星

【読み:さんせんよいのみょうじょう】

上昇トレンドで陽線が出現したのち、上の離れた位置に空(窓)を開けてコマや十字線が現れ、その後、下に離れて始まる陽線が出ます。

売りサイン
山川宵の明星

宵の明星という名前の通り、この形が出現すれば下降トレンドに転ずるとされており、売りサインと見なされます。

なお、「空」とは前日の終値と、当日の始値が全く重ならない状態のことです。

三川明けの明星

【読み:さんせんあけのみょうじょう】

三川宵の明星と逆の足型です。

下降トレンドで陰線が出現後、下に離れたところにコマや十字線が現れ、その後、陽線となるパターンです。

買いサイン
三川明けの明星

こちらの足型は、上昇トレンドに転ずるとされており、買いサインと見なされます。

三川宵の十字線

【読み:さんせんよいのじゅうじせん】

三川宵の明星で2本目のローソク足が十字線のときは、強力な売りサインとなります。

売りサイン
三川宵の十字線

ただし、十字線の次のローソク足が陽線の場合は、買いサインとなります。

三川上放れ二羽烏

【読み:さんせんうわばなれにわがらす】

大陽線後に上放れで始まっったものの陰線になり、次のローソク足も上放れたものの、前日の安値以下で引けて陰線になったものです。

売りサイン
三川上放れ二羽烏

酒田五法 "三空"

三空(さんくう)は上昇または下降相場で、「空が3回(または陰線)が続いて出現」した状態です。

相場が上昇・下落している点は三平と一緒ですが、上昇や下落の仕方が異なります。

三平のように上放れ(下放れ)したところからローソク足が始まる部分がポイントとなり、チャートから読み取る意味は、三平とは真逆となります。

三空踏み上げ

【読み:さんくうふみあげ】

上昇局面で空(窓)が3回続けて出た形です。

相場が高値を警戒しているシグナルだと考えられ、天井圏のサインとされています。

売りサイン
三空踏み上げ

「三空踏み上げには売り向かえ」という投資助言もあり、このような状況では、反転して売られる可能性が高いとされています。

三空叩き込み

【読み:さんくうたたきこみ】

窓を開けた陰線が3回続けて出た形です。

相場が安値を警戒しているシグナルだと考えられ、底値圏のサインとされています。

買いサイン
三空叩き込み

「三空叩き込みには買い向かえ」という投資助言もあり、このような状況では、下降から上昇への転換となる目安とされています。

酒田五法 "三兵"

三兵(さんぺい)も三川と同じく、3本のローソク足から相場を分析する足型です。

3本の陽線か陰線が、連続して上下どちらかに続いている形となります。

日足の場合、陰線なら3日連続で、終値が先日終値を上回った状態であり、陰線なら逆に下回った状態となります。

このように、三兵は比較的分かりやすいパターンとなっています。

赤三兵

【読み:あかさんぺい】

ローソク足が3本続けて、前のローソク足の高値を上回った形です。

買いサイン
赤三兵

底値圏で出現した場合は、相場上昇の転換サインと見なされます。

赤三線先づまり

【読み:あかさんせんさきづまり】

1本目のローソク足は大陽線、2、3本目は勢いが弱くなる形です。

買いサイン
赤三線先づまり

このように、2、3本目のローソク足に上ヒゲが出た場合は、赤三兵よりも上昇力が鈍っている状態となります。

赤三線思案星

【読み:あかさんせんしあんせい】

2本目のローソク足が大陽線で、3本目のローソク足がコマのときは、いったん利益確定するのがいいとされています。

利食いサイン
赤三線思案星

黒三兵(三羽烏)

【読み:くろさんぺい、さんばがらす】

ローソク足が3本続けて、前のローソク足の安値を下回った形です。

三羽烏(さんばがらす)とも呼ばれます。

売りサイン
黒三兵(三羽烏)

天井圏で出現した場合は、相場下降の転換サインと見なされます。

坊主三羽

【読み:ぼうずさんば】

3本の陰線が大引けで最安値となる大引坊主となる形です。

売りサイン
坊主三羽

大きく下落することを示すと言われています。

同時三羽

【読み:どうじざんば】

1本目の終値と2本目の始値、2本目の終値と本日の始値が同じとなる3本の陰線になる形です。

売りサイン
同時三羽

酒田五法 "三法"

相場には「買い・売り・休み」の3つの局面がある、という教えがこの三法(さんぽう)です。

この三法は、ほかの4つに比べても解釈が難しいのですが、「休むも相場」という投資助言もあるように、高値や安値を抜けてトレンドがはっきりするまでは休みましょう、様子を見ましょうという意味合いとなっています。

三法は、大きな陽線か陰線が現れたあと、その陽線(陰線)の値幅内での売買が何日か連続した足型となります。

上放れ三法

【読み:うわばなれさんぽう】

2本目の陽線のあとに前日終値よりも安く寄り、1本目と2本目の窓を埋めた陰線が出た形です。

休みのサイン
上放れ三法

上げ三法

【読み:あげさんぽう】

上昇局面で大陽線のあとに小さな3本の陰線を挟んで、大引坊主の大陽線が出た形です。
売買の判断が難しので、休むのがよいとされています。

休みのサイン
上げ三法

下放れ三法

【読み:したばなれさんぽう】

2本目の陽線のあとに前日終値よりも高く寄り、1本目と2本目の窓を埋めた陽線が出た形です。

休みのサイン
下放れ三法

下げ三法

【読み:さげさんぽう】

下落局面で大陰線のあとに小さな3本の陽線を挟んで、大引坊主の大陰線が出た形です。
売買の判断が難しので、休むのがよいとされています。

休みのサイン
下げ三法

上級トレーダーほど、相場の方向性が掴めないときは「休むことが大切である」ことを熟知しています。

相場の読めない状況では、チャンスが来るまでは辛抱強く待ちましょうという哲学が、この三法の真髄なのでしょう。


このように、酒田五法は、実にさまざまな相場を読み解く教えとなっています。

いきなりすべてを覚えようとするのではなく、ローソク足のパターンを直感的に身につけるようにすると、実践にも生かしやすいでしょう。

チャート関連ページ

テクニカル指標・トレンド系

テクニカル指標・オシレーター系

無料の分析ツール

オートチャーティスト特集!


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!