【押し目買い・戻り売り】とは?手法と投資家の判断タイミング

FXはやみくもに売買するだけでは、長期的な収益化ができません。

押し目買い・戻り売りは、大きな利益獲得に期待ができるトレンドを狙った逆張り手法です。

相場の波に乗るためには、チャート分析をして値動きの先行きを予測する必要があります。
この手法は多くのトレーダーが意識しているオーソドックスな戦略ですので、しっかり身に付けていきましょう。

それでは詳しく解説していきます。

押し目買いとは?

押し目買いとは、上昇トレンドのとき一時的に下げ止まった地点で買いをする手法のことです。

押し目買い

売買タイミング的には逆張りですが、上昇トレンドに便乗して少し下がったところで買うトレンドフォロー手法(順張り)なので、思惑通りに相場が動けば大きな利益に期待ができます。

 

そもそも「押し目」ってどんな意味?

押し目とは、マーケット用語で上昇している相場が少し下がることです。

どんなに上昇相場であっても、価格は上下を繰り返しながら長期的に上がっていきますが、その一時的に下がった地点が押し目となります。

 

上昇トレンドのときに安値と安値を結ぶとサポートラインとなりますが、この安値部分、いわゆる価格の「谷」を狙ってエントリーするのが、押し目買いのやり方です。

 

押し目買いのポイントは3点です。

  1. チャートを眺めて、相場は上昇トレンドであることを確認する。
  2. 上昇していた相場が一時的に下落したら、エントリーは近いと考える。
  3. 一時的に下落した相場が下げ止まって、上昇の兆しが出たら買い。

 

相場の世界には「押し目待ちに押し目なし」との格言がありますが、非常に強いトレンドのときは押し目とならなかったりします。こういった場面では、高値更新のブレイクアウトを狙った手法を取り入れるのもいいでしょう。

戻り売りとは?

戻り売りとは、下降トレンドのとき一時的に上げ止まった地点で売りをする手法のことです。

押し目買いの反対のやり方となります。

戻り売り

 

そもそも「戻る」ってどんな意味?

戻るとは、マーケット用語で下落している相場が少し上がることです。

引き戻すとも呼ばれています。

 

下降トレンドのときに高値と高値を結ぶとレジスタンスラインとなりますが、この高値部分、いわゆる価格の「山」を狙ってエントリーするのが、戻り売りのやり方です。

 

戻り売りのポイントは3点です。

  1. チャートを眺めて、相場は下降トレンドであることを確認する。
  2. 下落していた相場が一時的に上昇したら、エントリーは近いと考える。
  3. 一時的に上昇した相場が上げ止まって、下落の兆しが出たら売り。

 

押し目・戻りには、「初押しは買い 初戻りは売り」という格言もあります。

これは全ての相場には当てはまらず、あくまで経験則という位置づけですが、使い方によっては有効ともなります。

例えば、長く続いた上昇相場から下降トレンドに転換したとします。

こういった大きなトレンド転換後の「最初の押し目」「最初の戻り」は、効果的な局面となりやすいです。

投資家が押し目・戻りを判断するタイミング

それでは、どのくらい変動した地点を押し目・戻りの目安にすればいいのでしょうか。

ともに目安として、「上昇幅に対する下げ幅の割合」「下落幅に対する上げ幅の割合」がどのくらいかで判断する方法があります。

 

押し目を判断する目安として、半値押し(2分の1押し)3分の1押しが使われています。

半値押し、3分の1押し

 

戻りも同じく、半値戻し(2分の1戻し)3分の1戻しがあります。

半値戻し、3分の1戻し

押し目・戻りの分析に使えるテクニカル指標

「2分の1」「3分の1」はどのくらいの水準かをチャートを見て判断しにくいなら、自然界の黄金比を元にしたフィボナッチ・リトレースメントを使うのもいいでしょう。

テクニカル指標の定番である移動平均線をつかうのであれば、中期線(20日・21日・25日)を使って反発をみるのが分かりやすいのでおすすめです。

以下テクニカル指標は、押し目・戻りのライン分析に役立ちますので、ぜひ試してみてください。

 

 

トレンド系のテクニカル指標が多いですが、RSIのようにオシレーター系で分析できるタイプもあります。

 

気になる疑問や便利なTipsなど


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!