FXで現受け、外貨両替(コンバージョン)なら銀行より手数料がお得!

海外旅行にいくとき、どれだけ安いレートでドルに交換するかは、旅行者にとってはいつも悩ましいことですよね。

銀行や空港の両替窓口だと、どうしても両替手数料が高くなりがちです。

FX口座を利用して、最大限に手数料を安く抑えられる「現受け」と「外貨両替」について解説します。

現受け(デリバリー)、コンバージョン(外貨両替)とは?

現受け(デリバリー)とは、FX取引で外貨を買った後、反対売買せずに外貨のまま現金で受け取ることです。

コンバージョン(外貨両替)とは、FX口座に預け入れている証拠金を他の通貨に両替することです。

 

つまり「FX取引から両替する」か「FX取引をせずに両替する」かの違いです。

銀行・空港・金券ショップ・FXの手数料を比較

まず前提として、銀行は大手メガバンクのみずほ銀行、成田空港内でも有利な手数料のGPA(成田空港が運営)、金券ショップの大黒屋、FXで比較しています。

FX以外の両替手数料は、当日の基準となる為替レートにそれぞれが上乗せしています。

※2016年11月22日の基準レート[110.53]で算出
両替方法 両替手数料
円→ドル
1ドルあたり
の両替レート
10万円をドルに
両替すると?
10万円両替時
の手数料
大手銀行
[みずほ銀行]
3円 113.53円 880.82ドル 約2,643円
成田空港
[GPA]
2.51円 113.01円 884.64ドル 約2,221円
金券ショップ
[大黒屋]
2円 112.53円 888.65ドル 約1,777円
(+700円)
FX(マネーパートナーズ)
[空港受け取り]
20銭 110.73円 903.10ドル 約180円+500円
約680円

例えば、当日のニュースで1$=110円53銭だったとしても、みずほ銀行で両替しようとすると113.53円となってしまいます。

旅行や留学時に両替するにあたって、割高に感じてしまうのはこれが理由です。

また米ドルを例としましたが、ユーロやポンド、豪ドルやNZドルとなると、手数料はさらに大きな差となります。

 

大黒屋の場合、ネット経由で自宅で受け取る場合、700円の送料が発生します。

マネーパートナーズでは空港窓口での受け取りに手数料として500円がかかりますが、それを含めても割安なのが分かりますね。

外貨両替して空港で受け取れるFX会社
FX会社 出金可能外貨 ①両替手数料
(1通貨あたり)
②受け取り手数料
受け取り 出金日数
6通貨 20銭 500円 成田空港
羽田空港
中部国際空港
関西国際空港
4営業日

まず①の両替手数料ですが、1米ドル=100円のとき、1,000通貨は10万円となります。

1米ドル=100円とすると、10万円の両替手数料は200円、20万円の両替手数料は400円となります。

 

マネパなら10万円分をドルに換えても700円、20万円なら900円の手数料で済みます。

つまり、外貨を現金で引き出す方法の最安値が、マネパの空港受取サービスとなります。

外貨両替ができるFX会社一覧

外貨両替(外貨預金口座から出金)で比較
FX会社 出金可能
外貨
①両替手数料
(1通貨毎)
②出金手数料
(FX口座出金時)
③リフティングチャージ
④外貨引き出し手数料
出金日数
6通貨 20銭 1回/2,500円
(2万通貨以上は無料)
三井住友銀行→③2,500円 ④1ドル/2円
三菱東京UFJ銀行→③1,500円 ④1ドル/1.8円
みずほ銀行→③2,500円 ④1,000円
SMBC信託銀行→③無料 ④1ドル/2円
3〜4営業日
33通貨 10銭 * 無料 3営業日
2通貨 20銭 1回/2,000円 4〜5営業日

* 三井住友銀行全店、みずほ銀行全店、三菱東京UFJ銀行本店は無料。三菱東京UFJ銀行その他支店は1,000円、それ以外の金融機関は1,500円が発生します。

 

現受け(デリバリー)で比較
FX会社 出金可能
外貨
①両替手数料
(1通貨毎)
②出金手数料
(FX口座出金時)
③リフティングチャージ
④外貨引き出し手数料
出金日数
9通貨 * 40銭 1回/2,500円
(2万通貨以上は無料)
三井住友銀行→③2,500円 ④1ドル/2円
三菱東京UFJ銀行→③1,500円 ④1ドル/1.8円
みずほ銀行→③2,500円 ④1,000円
SMBC信託銀行→③無料 ④1ドル/2円
4営業日
8通貨 無料 1回/1,500円 2営業日
7通貨 10銭 1万通貨毎/500円 3営業日
2通貨 20銭 1回/2,000円 4〜5営業日

* 10万通貨以上の場合は1通貨あたり20銭となります。

 

外貨のまま出金するには、大手銀行で「外貨預金口座」を開設する必要があります。

リフティングチャージとは、外貨のまま送金するにあたり、銀行口座の受取人側で発生する手数料です。

このほかに、窓口で外貨を引き出すのに「外貨引き出し手数料」が発生します。

 

外貨両替・現受けは、FX会社に支払う①②の手数料に加え、銀行に③④の手数料を支払わなければいけません。

外貨両替・現受けは少額だと割高

割安のセントラル短資FXを使って、銀行で外貨両替するにしても、以下手数料がかかります。

銀行名 両替金額 両替手数料 出金手数料 リフティングチャージ 外貨引き出し手数料 合計手数料
三井住友銀行 10万円 100円 無料 2,500円 2,000円 4,700円
20万円 200円 無料 2,500円 4,000円 6,700円
三菱東京UFJ銀行
(本店以外)
10万円 100円 1,000円 1,500円 1,800円 4,400円
20万円 200円 1,000円 1,500円 3,600円 6,300円
みずほ銀行 10万円 100円 無料 2,500円 1,000円 3,600円
20万円 200円 無料 2,500円 1,000円 3,700円
SMBC信託銀行
(プレスティア)
10万円 100円 1,500円 無料 2,000円 3,600円
20万円 200円 1,500円 無料 4,000円 5,700円

20万円以下の外貨両替なら、始めから銀行窓口で手続きした方がお得ですが、20万円を超える金額であれば銀行よりもFX会社を利用した方が有利となります。

 

現受けが便利となるのは、半年後の海外旅行を予定していて、外貨を現在のレートで調達しておくといったケースです。

これなら円高のときのレートで外貨を買っておき、出発時のレートで外貨に替えることが可能となります。

ただし、現受けに比べると外貨両替は実際にFX取引をしないため、やり方もお手軽です。

マネパの外貨両替なら空港受け取りが安くてお得

海外旅行なら、日本最安であるマネパの外貨両替を選ぶのが賢明です。

ただし受け取り金額は月/ 1回までの上限で2,000ドル(2,000ユーロ、2,000ポンド、2,000スイスフラン、300万ウォン、15,000元)なので、マネパカードと組み合わせると最強の組み合わせになります。

マネーパートナーズの外貨両替

以下は10万円あたりのコストの差です。比べてみてもその差は圧倒的ですが、20万円となると2倍の金額が無駄な手数料となります。

銀行窓口との両替手数料の違い

浮いた分のお金でお土産を買ったり、食事を楽しむのもいいですね!

 

受け取りは成田空港第1・第2、羽田空港、中部国際空港セントレア、関西国際空港の主要4空港で可能です。

成田空港
成田空港のSKYLINER&KEISEI スカイライナー&京成
インフォメーションセンター

9:00~18:00
羽田空港
羽田空港のトラべレックス トラべレックス
羽田空港国際線ターミナル駅店

6:00~23:00
中部国際空港
中部国際空港のトラべレックス トラべレックス
セントレアアクセスプラザ店
7:00~22:30
関西国際空港
関西国際空港のトラべレックス トラべレックス
関西空港駅店


5:45~23:30

外貨パックは大小の紙幣が組み合わせせられていますので、そのまま現地で崩す事なく使えます。

マネパならこんなメリットがある!

  • 海外旅行(アメリカ、ヨーロッパ、イギリス、スイス、韓国、中国)なら両替手数料が格安!
  • 口座開設さえしておけば、好きなタイミングで外貨両替できる!
  • 両替した外貨を4つの空港で受け取れる!
  • 無料電話サポートがあるので、初心者でも迷うことなく両替手続きが可能!
  • 口座開設手数料、維持費、管理費などは全て無料!

マネーパートナーズはスプレッド業界最狭水準、米ドル/円0.3銭。口座開設で最大1万円。

こちらから無料でマネーパートナーズの口座開設ができます!

マネパでの外貨両替方法が分からなければ、ぜひサポートセンターに問い合わせてください。カスタマーサポートの方が、電話をしながら管理画面での操作を説明してくれますので、FX取引の経験がなくてもいっさい心配ありません。

マネパカードも作っておくと、小銭の管理が楽ちん

マネパカードは複数通貨対応の海外プリペイドカードで、日本国内でも使えます。

海外旅行のとき、コンビニやカフェで使えば小銭を出す手間がなくなって便利です。

普通のクレジットカードと同じように支払いのときに出すだけで、チャージした通貨が引かれていく仕組みです。

マネパカードの魅力!

  • 1枚に米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円の6通貨をチャージできる。
  • クレジットカードのような入会時の審査がない!
  • 日本在住で15歳以上の方なら誰でもお申込みができる。
  • 年会費や発行手数料、チャージ手数料は全て無料。
  • ATMから現地通貨の引き出しができる。
  • 海外利用手数料がかからないので、手数料はクレジットカードの実質半額以下で済む。
  • カードで買った商品は、ショッピング保険で総額50万円まで補償される。
  • カードを落としてもすぐに連絡すれば、その時点でのカード残高が保証される。
  • 余った外貨を日本円に戻し、日本国内でもプリペイドカードとして利用できる。

マネパカード

例えばハワイ旅行でしたら、ABCストアでの買い物に利用したり、必要に応じてFirst Hawaiian BankのATMからドルを引き出す、といった使い方ができます!

 

気になる疑問や便利なTipsなど


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!