証拠金維持率の目安は?適正を知ってロスカットリスクに備えよう

FXはあまりにも少ない金額から始めてしまうと、ロスカットにさらされるリスクが高くなりがちです。

保有ポジションの反対方向に想定外に動いたら、いつロスカットされるのかとソワソワしてしまいますが、証拠金維持率に目をかけておけば、ロスカットリスクをコントロールすることができます。

 

証拠金維持率とレバレッジについて

証拠金維持率とは、時価評価総額に対する必要証拠金の割合のことです。

口座資産と未決済ポジションの損益の合計金額に対し、* ポジションを保有するのに必要な証拠金はどのくらいであるかがパーセントで示されます。

 

この証拠金維持率が一定の水準を下回ると、追証が発生したり、ロスカットが執行されてしまいます。

つまり、この証拠金維持率を見ることで、取引のリスクはどんな状況であるかの確認ができます。

 

* ポジションとは、現在保有している未決済の通貨のことで、建玉とも呼ばれています。

証拠金維持率の計算式

時価評価総額 ÷ * 必要証拠金 × 100 = 証拠金維持率(%)

 

(例)10万円入金し、1ドル100円のとき1万通貨のポジションを保有している場合。

* 必要証拠金の計算式 100円×1万通貨×4%=4万円

 

10万÷4万×100=250 となりますので、

このときの証拠金維持率は250%となります。

レバレッジの計算式

レート × 通貨単位 ÷ 預け入れ資金 = レバレッジ

 

100×1万÷10万=10 ですので、

10万円を入金して1万通貨のポジションを持つと、レバレッジは10倍となります。

 

証拠金維持率とレバレッジはこのような関連性があります。

証拠金維持率 レバレッジ・特徴
2,500% 1倍
1,250% 2倍
500% 5倍
250% 10倍
* 主に100%を下回ったとき
25倍

新規建玉ができない。
追証が発生する。
* 主に50%を下回ったとき ロスカットの対象になる。

* マージンコールの水準は100%、ロスカットの水準は50%の会社が多いですが、数値はFX会社ごとに異なります。

FXの魅力は、証拠金によって少ない元手で大きな金額を動かせること。

レバレッジによって資金効率よく大きな利益の追求ができる反面、大きな損失となることもあるます。

そのため、FX業者では投資家の資産を保護するために、マージンコールとロスカットという仕組みが導入されています。

 

マージンコールがイエローカード、ロスカットがレッドカード

マージンコールは英語表記でMargin Call、直訳すると「証拠金の呼び出し」となります。

一般的には「追証」とも言われています。

 

マージンコール(追証)とは?

追証(おいしょう)とは、「追加保証金」のことです。

含み損によって所定の証拠金維持率を下回ると、ポジションを維持するのに保証金を追加する必要があります。

ロスカットアラートとも呼ばれています。

 

マージンコールが発動すると、「今の証拠金維持率は危険だから注意してね。」というお知らせが、登録しているメールアドレスに届きます。

サッカーでいうところのイエローカードという訳です。

 

ロスカット(強制決済)とは?

ロスカットは保有中の全ポジションに対して、システムが自動的に決済の成行注文を発注します。

投資家の損失拡大を防ぐのが、ロスカットの目的です。

ただし、相場急変時はスリッページによって証拠金以上の損失となる可能性もあります。

「マイナスとなっているポジションは、このまま保有させるのはもう限界なので強制的に決済します。」

このように、システムによって強制決済されるのがロスカットです。

ロスカットを回避する2つの方法

ロスカットを回避するには2つのやり方があります。

 

  • 建玉の一部を決済する。
  • 証拠金を追加で入金する。

 

建玉の一部を決済すると注文中の証拠金が減りますので、証拠金維持率が上がることになります。

ただし、ポジションが1lotの場合は建玉の一部を決済することはできません。

 

また、証拠金を追加で入金すると口座の純資産額が増えますので、証拠金維持率が上がることになります。

「追証は当日の営業終了まで」などと期限がありますので、追証する場合はメールが届いたら速やかに対処するようにしてください。

安全な証拠金維持率はどのくらいを目安にすると適正か?

1ドル100円、証拠金を4万円、ロスカット水準を100%とした場合
入金額 証拠金維持率 ロスカット
30万円 750% 26円の変動でロスカット
20万円 500% 16円の変動でロスカット
15万円 375% 11円の変動でロスカット
12万円 300% 8円の変動でロスカット
10万円 250% 6円の変動でロスカット
8万円 200% 4円の変動でロスカット
5万円 125% 1円の変動でロスカット

 

1ドル100円のとき、10万円を入金して米ドル円1lotの取引で、証拠金維持率は250%となります。

この場合、ロスカットは6円の変動で発動します。

米ドル円はリーマンショックのときで7円、スイスフラン暴落のときで6円の変動でしたので、最低ラインで250%、できれば300%以上は望ましいところです。

証拠金維持率が300%であれば、短期的なトレードなら並大抵の変動がない限りは安心といえます。

ただし、ベテラントレーダーほど700%以上と高水準の維持率を保つようにしているのも事実です。

 

どうしても少額から始めたいのであれば、外為オンラインのL25コース、L25 miniコースがおすすめです。

 

  • L25コース(1万通貨)、L25 miniコース(1,000通貨)・・・ロスカット水準が20%
  • L25Rコース(1万通貨)、L25R miniコース(1,000通貨)・・・ロスカット水準が100%

 

これなら、10万円でドル円を1lot(4万円)保有しても、9.2円の変動まで耐えられます。

 

何はともあれ、ロスカットを心配する前の段階で、きっちり損切りしておくことが本当に大事です。

気になる疑問や便利なTipsなど


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!