日銀が導入して話題となったマイナス金利とは?

日銀

2016年1月29日、日銀は国内で初となるマイナス金利政策の導入を決定しました。

マイナス金利の仕組みと、導入することでどのような効果があるのか解説していきます。

 

マイナス金利とは?仕組みを知ろう

日本の中央銀行である日銀は、国内の紙幣を発行しています。

また銀行など各金融機関とお金の貸し借りをするのも、日銀の主な役割です。

私たちの銀行預金に金利が付くのと同じく、銀行が日銀にお金を預けるときにも金利が付きます。

 

今までは銀行に手数料が支払われていましたが、マイナス金利となれば、銀行が日銀に預けると手数料を支払うことになります。

 

国民と日銀が直接お金の貸し借りをすることはできませんので、個人の預金金利がマイナスになることではありません。

マイナス金利を導入した理由と効果について

日銀は、日本で長く続いている景気低迷を打破するには、思い切った政策が必要だと考えました。

そこで日銀は、量的緩和や異次元緩和と呼ばれる、これまでの次元とは異なる金融政策を「黒田バズーカ」として政策を進めてきました。

マイナス金利は、異次元緩和をより強固にすべく導入されたという訳です。

 

マイナス金利は一体どのような効果をもたらし、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

現在の日本の景気はデフレです。デフレとは物価が年々下がることです。

物価が上がらなければ企業の売り上げが増えず、個人の給料も上がりません。

そうなると必然的に個人消費も伸びないため、いつまでたってもデフレから脱却できなくなります。

このようなときに金利を上げてしまうと、景気は悪化して物価も給料もさらに下がってしまいます。

 

デフレから回復させるためには、低金利のままで物価を徐々に上げていかなくてはなりません。

物価を上げるには、お金をたくさん回す必要があるからです。

 

そこで日銀は、銀行に対して

「これから新規で預けるならマイナス金利だよ。景気を刺激していきたいから、眠らせないで企業にお金を貸したり、投資を積極的に行なってね。」

と思い切った政策を打ち出したのです。

世界各国のマイナス金利政策

2009年のスウェーデン中央銀行を皮切りにデンマーク中銀、ECB(ユーロ)、スイス中銀がマイナス金利の導入を行いました。

2016年2月の日銀につづいて、3月にはハンガリー中銀も導入しました。

 

このように、現在6つの国・地域でマイナス金利が採用されています。

マイナス金利を導入する国は増加傾向ですので、導入国は今後も出てくるかも知れません。

世界中の国々は、不況と抜けだそうと必死にもがいている訳です。

 

ただしマイナス金利にも落とし穴があります。

 

異例の金融緩和政策ですから、異常な状態であるということを認識しなければいけません。

今後、世界経済が正常な方向に動いていくのかが注目されています。

マイナス金利は私たちの生活にどのように影響するか

マイナス金利が導入されてからというもの、雀の涙ほどの預金金利はさらに引き下げられました。

メガバンクで1,000万円を定期預金しても、利息は1年で100円にしかならないのです。

 

預金金利だけでなく、住宅ローン、自動車ローンの金利もその影響を受けます。

 

銀行はたくさんのお金を回したいので、個人の家を買いやすくするため、事業主が店舗を立ち上げやすくするために、住宅ローンを下げてお金を借りやすくするからです。

自動車ローンの金利が下がれば、車も買いやすくなりますね。

 

円金利が下がれば外貨に両替すれば金利が有利なので、円を売る人も出てくるでしょう。

円を売れば円安に推移しますので、TOYOTAなどの輸出企業は恩恵を受ける一方、輸入品の価格が上昇するため物価の上昇に繋がります。

円安が進めば日本に旅行しやすくなるので、観光客の増加に期待ができます。

 

景気回復にはまだまだ時間がかかりそうですが、資産運用できる資金があるなら、銀行口座やタンスに眠らせておくのはもったいない気がします。

FXを始めると自然と経済ニュースが耳に入ってきますので、世界情勢の変化がより敏感に感じ取れるようになることでしょう。

資産運用を学ぶのは今からでも、決して遅くはありません。

気になる疑問や便利なTipsなど


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!