ドル円相場は債券(国債)価格・金利との相関性に注目

よくテレビで「米国債の利回りが〜」とのニュースがあったりしますが、FXをやるようになると、こういった情報が耳に入りやすくなることでしょう。

FXはさまざまなマーケットの影響を受けて、長期的に方向性を持って価格が推移します。

通貨の動向判断にあたり、FXと切っても切り離せないほど深い関係にあるのが、債券(国債)の「価格」と「金利」

債券の価格と金利から見る、ドル円相場について解説します。

 

債券(国債)の金利と価格の関係

まず国債について。

「国債」とは国が発行する債券のことです。かんたんにいうと、国がお金を回すために借金をして集め、その借金を証明する券のことです。国債には利息、すなわち金利(=利回り)がつきます。

 

ポイント!

政策金利と国債金利は混同しないように気をつけてください。政策金利とは、各国の中央銀行が通貨を発行して、市中銀行に貸し出すときの利息のことで、全ての金利の土台であるとも言えます。

 

この国債の金利と価格は、逆相関の関係にあります。

 

  • 債券価格が上昇→債券の金利は下落
  • 債券価格が下落→債券の金利は上昇

 

なぜ逆に動くのかというと、国債価格は需要と供給のバランスで決まるからです。

 

  • 好景気→(不動産や株式投資の利回りが良いと)国債を買う人が減るので、債券価格が下がって金利は上がる。
  • 不景気→(不動産や株式投資の利回りが悪いと)国債を買う人が増えるので、債券価格が上がって金利は下がる。

 

このように、「好景気→金利上昇」「不景気→金利下落」と金利は景気に左右されやすい特徴があります。

ここでいう金利は長期金利のことで、主に国債10年利回りのことです。反対に、短期金利は期間が1年未満の金利のことで、大ざっぱにいうと、政策金利は短期金利の一部です。

米国債と米ドル/円の関係

例えば、米国債の価格が下がれば、米国債の利回りが上昇します。米ドル買いとなるため、米ドル/円は上昇します。

米国債の価格が上がれば、米国債の利回りが下落します。米ドル売りなので、米ドル/円は下落します。

つまり、長期金利が上昇した国の通貨は、長期的に買われやすくなる傾向がある、ということになります。

このように金利を見ると、どの通貨が長期的に上昇・下落するかの判断材料とする目安にできます。

 

それでは、「米ドル/円」と「米国債10年利回り」2つの値動きを比べてみましょう。

 

参考チャート:GMOクリック証券 [米ドル/円の日足、米国債10年の日足 2012年8月〜2016年12月]

米ドル/円の日足と米国債10年の日足のチャート

同じように連動しているのが見てとれますね。

 

ただし、FXは多くの通貨や国々の要因によって変動しますので、もちろん全てに当てはまる訳ではありません。

また米ドル/円の取引なら「日経平均株価」の動きにも注目していきたいところです。

国債利回りを見るのに便利なチャート

実は、FXで債券銘柄が見れるチャートはほとんどありません。

しかしGMOクリック証券プラチナチャートプラスなら、米国債のほか日経平均や原油、金などの先物銘柄もチャートで見られます。

GMOクリック証券のプラチナチャートプラス

比較チャートという機能を搭載していて、例えば米ドル/円と米国債10年のチャート見比べる、なんてこともできます。

FX通貨ペア以外でチャートに表示できるのは、以下の11銘柄です。

 

  • 日経平均
  • TOPIX
  • NYダウ
  • WTI(原油)
  • GOID(金)
  • 米10年債
  • 米5年債
  • 米2年債
  • 日本10年債
  • 日本5年債
  • 日本2年債

 

通貨ペア以外の値動きにも注目することで、よりよいトレード結果となるかも知れませんね!

 

気になる疑問や便利なTipsなど


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!