ロールオーバーとは?値洗いとスワップポイントが発生となる仕組み

ロールオーバーとは

ロールオーバーを正しく理解すると、スワップポイント狙いの長期運用において、上手な確定申告の進め方にもつながってきます。

ロールオーバーの仕組みから、各社のロールオーバー時間の比較までご紹介します。

 

ロールオーバーとは?

異なる通貨の交換(売買)をする外国為替。

通貨の売買にあたり、通常、通貨を受け取ったり渡したり(受け渡し)する必要があります。

この通貨の受け渡しタイミングには「直物為替(じきものかわせ)」と「先物為替」があり、FXは直物為替に分類されます。

 

直物為替とは?

取引日から2営業日後に通貨の受け渡しをを行なう取引のことです。

 

つまり、月曜日に新規注文をしても、水曜日には決済しなければいけません。

ただしFXは実際には現金で受け渡しがある訳ではなく、証拠金の預託で取引する差金決済なので、決済日を延長する必要があります。

 

ここで疑問が生まれますよね。

「ずっと注文は保有しているのに、決済するって一体どうゆうこと?」

ここで導入されたのが、決済日を先延ばしにするロールオーバー方式です。

ロールオーバーとは、FX会社に注文が入らない限り、自動的にポジションの保有を継続する仕組みです。

 

このロールオーバーの際に、金利差が調整されてスワップポイントが付与されますが、ロールオーバーで決済日を何日延ばすかでスワップポイントの金額が変わってきます。

ロールオーバーでスワップポイントが発生する仕組み

このように土日や祝日にスワップポイントが2〜3日分付くのは、実はロールオーバーが理由だったのです。

つまり、水曜日マーケットクローズ後のロールオーバーで、スワップが3日分付くことになります。

建値維持方式と建値変更方式(値洗い方式)

建値維持方式建値変更方式かの違いで、ロールオーバー時の挙動が異なってきます。

 

まずはそれぞれの違いを見てみましょう。

  建値維持方式 建値変更方式
ロールオーバー時
の建値
変わらず
維持される
変わる
ロールオーバー時
の扱い
含み損益 確定損益
課税タイミング 任意で損益を
確定させた時
日々の取引が
課税対象

 

現在、国内の主流は建値維持方式です。

建値変更方式は減少傾向にあり、採用している会社はデューカスコピー・ジャパンなど海外系の国内業者です。

 

建値変更方式は「値洗い方式」とも呼ばれ、ロールオーバーの際に建値が値洗いされるのが特徴です。

つまり、ロールオーバーのタイミングで日々保有ポジションが確定されるので、その都度建値が更新されます。

メリットとして、毎営業日ごとの為替差益にスワップポイントの確定益が合算されるため、複利効果に期待ができることです。

 

反面、建値が日々更新されてしまうと、元々買っていたレートが分からなくなってしまうのが大きなデメリットとなります。

 

ただし、このメリット・デメリット以上に大きく関わってくるのが税金です。

建値方式の違いと、未決済ポジションの税金について

FXは未決済ポジションであれば為替差益、スワップポイントともに税金は発生しません。

保有ポジションを決済して損益を確定させた時点で、課税の対象となります。

 

FXでは通常、年間の利益が20万円以下であれば確定申告する必要がありません。

本来なら確定申告しなくてもいい年なのに、建値変更方式は自動的に値洗いされるので申告が必要となるケースが出てきます。

 

つまり、決済時に自分で損益を確定させたほうが節税のコントロールをしやすいのは言うまでもありませんよね。

スワップ狙いの取引は長期的な運用になりますので、損益を確定させずに含み益の状態であれば、極端な話だと確定申告しなくても大丈夫ということになります。

 

FXで安定して毎年20万円以上稼ぐスワップ派トレーダーなら、建値変更方式の会社を使う選択をするのもいいでしょう。

ロールオーバー時間でFX会社を比較

FXでは、早朝取引ができないメンテナンス時間というのがあります。

ロールオーバーは、ニューヨーク市場が終わったメンテナンス中に行われ、メンテナンスが終了とともにスワップポイントが付与されます。

 

標準時間(冬時間)とサマータイムのある夏時間で、ロールオーバー時間は異なります。

それでは各社のメンテナンス時間を見てみましょう。

 

FX会社名 月曜日の
取引開始時間
火〜金曜日の
取引不可時間
火〜土曜日の
取引可能時間
7:00 なし    火曜7:00
~土曜7:00
7:00 なし    火曜7:00
~土曜6:50
7:00 なし    火曜7:00
~土曜7:00
7:00    6:55
~7:05
   火曜7:05
~土曜6:55
7:00 7:00から
約5分間
火曜7:05頃
~土曜6:00
7:00 6:57から
約10~15分間
火曜7:07頃
~土曜6:50
7:00    6:50
~7:10
   火曜7:10
~土曜6:00
7:05    6:55
~7:05
   火曜7:05
~土曜6:50
7:00 7:00から
約5分間
   火曜7:05頃
~土曜6:00
7:00    6:55
~7:10
   火曜7:10
~土曜6:55
7:00    6:30
~7:00
   火曜7:00
~土曜6:30
7:00    6:55
~7:05
   火曜7:05
~土曜6:55
FX会社名 月曜日の
取引開始時間
火〜金曜日の
取引不可時間
火〜土曜日の
取引可能時間
7:00 なし    火曜7:00
~土曜6:00
7:00 なし    火曜7:00
~土曜5:50
7:00 なし    火曜7:00
~土曜6:00
7:00    5:55
~6:05
   火曜6:05
~土曜5:55
7:00    6:00から
約5分間
   火曜6:05頃
~土6:00
7:00 5:57から
約10~15分間
火曜6:07頃
~土曜5:50
7:00    5:50
~6:10
   火曜6:10
~土曜5:00
7:05    5:55
~6:05
   火曜6:05
~土曜5:50
7:00    6:00から
約5分間
   火曜6:05頃
~土6:00
7:00    5:55
~6:10
   火曜6:10
~土曜5:55
7:00    5:30
~6:00
   火曜7:00
~土曜5:30
7:00    5:55
~6:05
   火曜6:05
~土曜5:55

 

なお、定刻にメンテナンスが行われるため、平日はメンテナンス時間がないFX会社もあります。

メンテナンスには5分〜30分程度かかりますが、この間は注文をすることができません。

土日や週末にマーケットで大きな動きがあって、「週明け月曜日の早朝から取引したい。」という方は、早朝メンテナンスがないGMOクリック証券DMM FXで口座を用意しておくと便利です。

 

気になる疑問や便利なTipsなど


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!