「Platinumチャート+」は高機能で軽快に動くチャート!

みなさんはどんなチャートをお使いですか?

これからFXを始める方は、チャート選びも悩ましいところだったりします。

中級くらいになってくるとMT4を使うのもおすすめですが、MT4はFXを始めたばっかりの方にはやや敷居が高いかもしれません。

またMT4はカスタマイズするほど重くなりますので、ブラウザベースで手軽に使えるチャートがあると便利です!

 

今回はGMOクリック証券の「プラチナチャートプラス」をご紹介します。

GMOクリック証券のプラチナチャートプラス

プラチナチャートプラスは、注文機能こそないものの、インストール不要なので手軽に使えるチャートです。

軽快でいてサクサク動くから、ストレスなく使える!

チャートを立ち上げるのに時間がかかったりすると、以外とストレスを感じるものです。

 

でも、プラチナチャートプラスならそのような心配はありません。

分析に役立つ機能が揃っているのに、動作が軽いから複数ウインドウで表示させてもサクサク動きます。

プラチナチャートプラスは複数ウインドウの立ち上げが可能

「複数起動ボタン」をクリックすると、このように新しいウインドウが開きます。

自由自在なレイアウトが可能なので、自分に合った画面でテクニカル分析ができます。

テクニカル指標と描画オブジェクトが充実している!

高機能を担っているのが、豊富なテクニカル指標と描画オブジェクトです。

 

テクニカル指標は業界トップクラスの全38種類を搭載しています。

プラチナチャートプラスのテクニカル指標

メジャーな移動平均線やボリンジャーバンド、一目均衡表に加えて、マイナーな分析指標まで網羅していますので、お好みのテクニカル指標で分析するにあたって、きっと不自由を感じることはないでしょう。

 

 

描画オブジェクトの充実もGMOクリック証券ならではの魅力です。

 

実は、さまざまな描画オブジェクトが利用できるチャートシステムは、そう多くはありません。

定番のトレンドラインのほか、黄金比をベースとしたフィボナッチ、人気の五角形チャート(ペンタゴンチャート)など、全25種類が用意されています。

プラチナチャートプラスの描画オブジェクト

プロ顔負けの分析も思いのままにできるのが、プラチナチャートプラスの特徴なのです。

相場の連動性・相関性を見れる!

1つの画面に、複数のチャートを分割して表示させることができます。

その数はなんと、最大で16分割!

分割機能で連動性のチェックがしやすい

相場全体の方向性や通貨ペア同士の連動性が1度に見れるので、パッと見て直感的にチェックができます。

1つの通貨ペアを異なる時間足にして分析するのもいいでしょう。

 

 

そして他社にはほとんど見られない機能として「比較チャート」があります。

これは、複数の通貨ペアを重ねて表示できるというもの。

通貨ペアのほかに、日経平均やNYダウ、金や原油価格を表示させることで、相場全体の相関・逆相関の関係を見るのに大いに役立ちます。

NYダウや日経平均と通貨ペアを比較できる

このように、最大4つまで比較することができます。

相関性を見つけることができれば、先行きの判断がしやすくなるという訳です。

チャートに連動した為替ニュースが見れるので、チャンスを逃さない!

為替のほか、株式市場、商品市場のニュースも配信されています。

 

ニュースはチャートとも連動していますので、値動きに影響を与えたマーケット情報をすぐに知ることができます。

チャートはマーケット情報に連動している

なお、1時間足や日足で見ることはできません。

1分足〜15分足の範囲内にすると数字入りのボタンが出現しますので、ここをクリックするとマーケット情報を確認することができます。(数字はニュースの本数です。)

 

経済カレンダーでは前回、予想、結果の確認ができ、リアルタイムで配信されています。

当日を基準として前後3日間(日曜日を除いた、合計7日間)のデータが見れますので、今後控えているイベントをチェックすることも可能です。

 

ないものねだりですが、注文機能があれば死角なしとも言えるチャートです。

ただし、チャートの使い勝手に的を絞って作られていますので、分析に集中しやすいという点では、初心者の方にとって大きなメリットなのかも知れません。

 

プラチナチャートプラスはGMOクリック証券で口座開設し、取引システムにログインすれば使うことができます。

「プラチナチャートプラス」のスペック

足種

18種類

 

  • ティック
  • 1分足
  • 3分足
  • 5分足
  • 10分足
  • 15分足
  • 20分足
  • 30分足
  • 1時間足
  • 2時間足
  • 4時間足
  • 6時間足
  • 8時間足
  • 12時間足
  • 日足
  • 週足
  • 月足
  • 年足
通貨ペア数

19通貨ペア

 

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円
  • カナダドル/円
  • スイスフラン/円
  • 南アフリカランド/円
  • トルコリラ/円
  • ユーロ/米ドル
  • ポンド/米ドル
  • 豪ドル/米ドル
  • NZドル/米ドル
  • ユーロ/ポンド
  • ユーロ/豪ドル
  • ポンド/豪ドル
  • ユーロ/スイスフラン
  • ポンド/スイスフラン
  • 米ドル/スイスフラン
チャートタイプ ローソク足 / ラインチャート / バーチャート / ドットチャート
テクニカル指標

38種類

 

【トレンド系】

  • 単純移動平均
  • 指数平滑移動平均
  • エンベロープ
  • ボリンジャーバンド
  • 高低線(HLバンド)
  • 移動平均線/実線乖離率
  • ケルトナーチャネル
  • カオス・アリゲータ
  • 平均足
  • 新値足
  • カギ足
  • 陰陽足
  • P&F
  • パラボリック
  • ジグザグチャート
  • CCI
  • 線形回帰トレンド
  • アルーン
  • バランスオブパワー
  • 一目均衡表

【オシレーター系】

  • MACD
  • モメンタム
  • A/Dライン
  • ACオシレーター
  • オーサムオシレーター
  • ブルパワー
  • ベアパワー
  • デマーカー
  • サイコロジカルライン
  • RVI
  • RSI
  • ストキャスティクス
  • RCI
  • ROC
  • ウィリアムズ%R
  • DMI/ADX
  • ADXR
描画オブジェクト

25種類

 

  • ホリゾンタルライン
  • バーティカルライン
  • トレンドライン
  • チャネルライン
  • アングル
  • レクタングル
  • トライアングル
  • サークル
  • エリプス
  • 五角形チャート
  • 線形回帰チャネル
  • 等距離幅チャネル
  • 標準偏差チャネル
  • フィボナッチリトレースメント
  • フィボナッチチャネル
  • フィボナッチエクスパンション
  • フィボナッチタイムゾーン
  • フィボナッチアーク
  • フィボナッチファン
  • ギャンライン
  • ギャンファン
画面分割 最大16画面
注文機能
比較チャート機能

 

  • 日経平均
  • TOPIX
  • NYダウ
  • WTI(原油)
  • GOID(金)
  • 米10年債
  • 米5年債
  • 米2年債
  • 日本10年債
  • 日本5年債
  • 日本2年債
ニュース連動チャート
指定レート通知
デモトレード
売買シグナル

GMOクリック証券はFX取引高5年連続世界第1位。米ドル円のスプレッドは原則固定0.3銭。キャンペーン実施中。

SNSでこの記事をみんなと共有しよう!