豪・四半期生産者物価指数(PPI)|オーストラリアの経済指標

豪・四半期生産者物価指数(PPI)は、オーストラリアの製造業者の販売価格の調査結果を表す、経済指標のことです。

インフレの動向をみる重要な指標とされています。

 

PPIは他国では毎月発表されていますが、オーストラリアでは四半期ごとに発表されています。

四半期消費者物価指数(CPI)が「消費者が購入するときの価格」を表すのに対し、この生産者物価指数は「生産者が出荷するときの価格」を表します。

この2つの指標ですが、原材料の価格が消費者が購入する物価に反映されるまでは一定の時間がかかるため、完全に連動しているという訳でもありません。

この生産者物価指数ですが、全調査対象の物価動向を示した総合指数と、変動の大きいエネルギーと食料品を除いたコア指数があります。

食品・エネルギー価格は季節要因の影響を受けやすい特徴があるため、物価トレンドを把握するとき、総合指数とコア指数の差が大きければ、コア指数の方がより重視されています。

 


経済指標名
四半期生産者物価指数(PPI、Producer Price Index)
発表機関 発表時期 日本発表時間 重要度
豪連邦統計局(ABS、Australian Bureau of Statistics) 1・4・7・10月 / 下旬 10:30 ★★
指標のポイント
どちらかというと、金利と深い関係性のある、四半期消費者物価指数の方が重要視される傾向にあります。

SNSでこの記事をみんなと共有しよう!