GDP(国内総生産)|中国の経済指標

GDP(国内総生産)は、中国で一定期間内に生み出された財とサービスの付加価値の総額で、国の経済規模をみるための経済指標です。

 

中国のGDPは、中国国家統計局によって、他国と同じく四半期ごとに発表されています。

GDPの伸び率は、そのままその国の経済成長率を表しますので、非常に重要度が高い指標だと言えます。

また、中長期的な景気動向をみるためにも利用されます。

GDPの構成要素として、消費・投資・輸出・政府支出などがありますが、このうち消費がGDPのおおよそ2/3を占めています。

 

中国のGDPは日本を抜いて、現在はアメリカに続く世界第二位となっていることからも、世界中から注目されています。

またオーストラリア最大の貿易相手国は中国で、輸入は約15%、輸出は約26%を占めるほど割合が高くなっています。中国は鉄鋼資源の大量消費国ですので、特に中国のGDPの結果によっては、オーストラリアドルも影響を受けやすいのが特徴です。

 

経済指標名
国内総生産(GDP、Gross Domestic Product)
発表機関 発表時期 日本発表時間 重要度
中国国家統計局 4月・7月・10月・1月 / 15日頃 11:00 ★★★
指標のポイント
中国の経済指標はまだ注目度は低いですが、その中でもっとも重要視されているのが、このGDPです。発表の際には、豪ドルがつられてどのように変動するかも注目されています。

SNSでこの記事をみんなと共有しよう!