ZEW景況感調査指数|ユーロ圏の経済指標

ZEW景況感調査指数は、ドイツのマンハイムにある民間調査会社、ZEW(欧州経済研究センター)が発表する、景況感についての調査結果を表す経済指標で、ZEW期待指数とも呼ばれます。

 

この先6ヶ月の景気は今後良くなるか、悪くなるかを、約350人のアナリストや機関投資家、市場関係者などへのアンケート調査をもとに算出されて公表が行われます。

 

ZEW景況感調査指数はユーロ版のほか、ドイツやスイスでも発表されています。

ちなみに景況感関連の経済指標には、「景況指数」「景況感」「景況感調査」「景況感調査指数」などとさまざまな呼び名がありますが、どれも同一です。

 

ドイツのIFO景況感指数の1週間前に発表されるため、IFO景況感指数に対して先行性があることから注目されています。

また、鉱工業生産に対しても半年強の先行性があるとされています。

ユーロ圏の景況感指標としては、IFO景況感指数に次いで注目度が高く、ECB(欧州中央銀行)の金融政策にも大きく影響を与えるとされています。

 

毎月1回目のECB・定例理事会開催日の1週間後(15日〜20日頃)に発表があり、この指数が50を超えると、好景気だと判断され、ユーロが買われやすくなります。

 

経済指標名
ZEW景況感調査指数(ZEW期待指数)
発表機関 発表時期 日本発表時間 重要度
ZEW(欧州経済研究センター、Zentrum fur Europaische Wirtschaftsforschung) 毎月 / 中旬
(定例理事会開催日の1週間後)
19:00 ★★★
指標のポイント
ユーロ圏の景況感を見るのに注目されていて、ユーロ相場への影響も大きい指標です。ユーロ/円で大きく変動した場合、30pips程度動くこともあります。

SNSでこの記事をみんなと共有しよう!