独・IFO景況感指数|ドイツの経済指標

独・IFO景況感指数は、ユーロ圏においてもっとも重要な位置付けとなる、景況感を判断する経済指標です。

 

IFOとは「Information & Forschung」の略称で、ドイツのミュンヘンにある非営利の公的研究機関である、IFO研究所が発表しています。

旧西ドイツの7,000社(製造業、建築業、輸出入業、保険業、銀行など)の役員を対象に、現在の経済状況と今後6ヶ月の先行きはどうなるかについてアンケート調査が行われ、2000年を100とした数値に、現況と先行きを加重平均した指数で発表されます。

生産・在庫・受注・価格・雇用の5項目が調査内容となり、具体的には、今の景気は「良い・満足・悪い」、今後6ヶ月の景気は「より良くなる・変わらない・より悪くなる」といった形で、3択で調査・集計が行われます。

 

製造業や建築業の声も反映されることから、特に鉱工業生産との関連性が高いのが特徴です。

毎月中旬、この指標の先行指標としてZEW景況感指数が発表されますが、IFO景況感指数はアンケート数が多く、エコノミストではなく企業の担当者が調査対象となっているため、こちらの方がドイツ経済の状況を正確に計れるとされています。

アンケート後の翌月下旬と発表までが早いことに加えて、ユーロ圏最大の経済大国であるドイツの景気の先行きを見る指標のため、ユーロ相場に与える影響が大きいことから、注目度は極めて高いのが特徴です。

 

発表値の上昇が続けば、ドイツの景気は上昇傾向であると判断されて、ユーロは買われやすくなります。ユーロのトレードをするなら特に注目していきましょう。

 

経済指標名
IFO景況感指数(IFO Business Climate Index)
発表機関 発表時期 日本発表時間 重要度
IFO経済研究所(Center for Economic Studies and Ifo Institute for Economic Research) 毎月 / 下旬 18:00 ★★★★
指標のポイント
ユーロ/円の場合、発表直後は平均的に15pips〜20pips程度変動する傾向がありますが、時には50pips動くこともあります。

SNSでこの記事をみんなと共有しよう!