独・製造業購買担当者景気指数(PMI)|ドイツの経済指標

独・製造業購買担当者景気指数(PMI)は、ドイツの製造業の景況感を表す、経済指標です。

 

単に「製造業PMI」とも呼ばれていて、民間調査会社であるマークイット社が集計して公表しています。

製造業PMIは、製造業やサービス業の購買担当者を対象にアンケート調査をして、指数化されています。

 

速報値は発表が早く、また数ヶ月先の景気動向をみるための先行指標とされていますので、サービス業PMIとともに注目度も高い指標だといえます。

 

当月の下旬に速報値、翌月の上旬に改定値の公表がありますが、まずは速報値に注目していきましょう。

 

発表の際には、50%を超えれば景気拡大を示し、ユーロは買われやすくなります。

反対に、50%を下回ると景気後退を示し、ユーロは売られやすくなります。

 

ユーロ圏でもっとも経済力のあるドイツの指標は、ユーロの値動きに大きく影響します。ユーロ/円などのトレードをするなら、ドイツの経済指標は抑えておきましょう!

 

経済指標名
製造業購買担当者景気指数(Purchasing Managers's Index)
発表機関 発表時期 日本発表時間 重要度
Markit(マークイット社) 毎月 / 下旬[速報]
毎月 / 上旬[改定]
17:30
17:55
★★
指標のポイント
独・製造業PMIの発表時に動きやすい傾向がある通貨ペアは、ユーロ/円とユーロ/米ドルです。どちらも、平均で15pips前後変動する傾向がありますが、30pips程度変動することもあります。

SNSでこの記事をみんなと共有しよう!