日銀・金融政策決定会合議事要旨|日本の経済指標

毎月中旬頃(上旬の場合もあり)に、日銀で金融政策決定会合が1〜2日間、開催されています。

この議事要旨(ぎじようし)は開催後の翌月に、このときの議論内容や、政策金利の変更に至った理由、今後の見通しや展望などがレポートで発表されます。

 

別名で、BOJ議事録とも呼ばれています。

 

今後行なう金融政策は、9名による採決で決定されますが、このレポートには、賛成票と反対票の数も記されていることから、今後の動向を見る上で注目されています。

 

欧米圏では重要指標のため、同様の発表があれば大きく変動したりしますが、日本の場合、近年では値動きの材料と見なされていないため、議事要旨が発表されても、為替レートにはほとんど影響がない傾向となっています。

 

経済指標名
日銀・金融政策決定会合議事要旨
発表機関 発表時期 日本発表時間 重要度
日本銀行政策委員会 毎月 / 中旬 8:50 ★★★
指標のポイント
賛成数・反対数のほか、委員の発言や見解も記されており、注目が集まっています。

参考リンク


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!