鉱工業生産(IIP)|日本の経済指標

日・鉱工業生産(IIP)は、日本の鉱業・製造業の生産動向を見る経済指標で、経済産業省が公表しています。

 

また、鉱工業生産の2か月後の先行きを予測するためにも利用されています。

四半期ごとに発表されるGDP(国内総生産)と比べて、鉱工業生産は毎月発表されますので、景気実態を把握する上で速報性が高いのが特徴です。

しかし、予想値と結果のブレが激しい指標ですので、あらかじめ過去の平均値を参考にして把握しておく必要があります。

この指標は、487品目の鉱工業製品について調査され、1か月間の生産量が指数化されています。

指標発表の際には「0」を基準として、0以上で景気は拡大傾向、0以下で景気は縮小傾向と見られています。

 




経済指標名
鉱工業生産(IIP、Index of Industrial Production)
発表機関 発表時期 日本発表時間 重要度
経済産業省 毎月 / 中旬[確定値]
毎月 / 下旬[速報値]
13:30
8:50
★★★
指標のポイント
為替レートへの影響は極めて小さく、平均的には5pips以上は変動しない傾向となっています。

SNSでこの記事をみんなと共有しよう!