小売業販売額|日本の経済指標

経済産業省が公表している商業動態統計にはいくつかの種類がありますが、その内の一つに小売業販売額があります。

 

月次、翌月の月末にデータの公表が行われています。

この小売業販売額は、個人消費の動向を見る上で重要な指標となっていて、日本の小売業全体(百貨店、チェーンストア、スーパーマーケットなどの大型小売店、コンビニエンスストアなど)の1ヶ月間の総売上が表されます。

 

数値の上昇は、個人消費は上向きであると判断され、反対に数値の下落は個人消費は下向きであると判断されます。

 

経済指標名
小売業販売額(Retail Industry Sales)
発表機関 発表時期 日本発表時間 重要度
経済産業省 毎月 / 下旬 8:50 ★★
指標のポイント
景気がいいのか、悪いのかを判断するのに、小売業販売額で動向が見られています。

SNSでこの記事をみんなと共有しよう!