国際収支-貿易収支|日本の経済指標

貿易収支は、政府と民間の輸出額から輸入額を引いた差額を表す経済指標です。

 

日本は輸出に力を入れていることもあり、そして貿易収支は、経常収支(貿易収支、サービス収支、所得収支など)の構成要素として多くの割合であることからも、それだけに市場の注目度も高くなっています。

 

もともと、モノ作りの国である日本は輸出大国ですが、東日本大震災以降となってからは、火力発電に必要な燃料を海外からの輸入に頼っていることも一因として、日本の貿易収支はほぼ赤字で推移しておりました。

しかし、2015年3月が原油安の影響もあり、2012年6月以来2年9ヶ月ぶりとなる黒字となりました。

2014年4月は再び赤字にはなりましたが、前年同月比では大きく赤字額も減少していることから、長い期間の低迷から、貿易収支の黒字化へ向けた改善が見られています。

 

この貿易収支が黒字となれば、経常収支も大きな黒字化が見込めることから、市場からの注目度は非常に高くなっています。

 

経済指標名
貿易収支(the Trade Balance)
発表機関 発表時期 日本発表時間 重要度
財務省 毎月 / 上旬 8:50 ★★★
指標のポイント
経常収支と同時に発表されます。指標発表後の値動きは小さく、例えば米ドル/円なら動いても15pips程度、平均的には5pipsも変動しない場合が多い傾向にあります。

SNSでこの記事をみんなと共有しよう!