NZ・貿易収支|ニュージーランドの経済指標

NZ・貿易収支は、政府と民間の輸出額から輸入額を引いた差額を表す経済指標です。

貿易収支は、経常収支(貿易収支、サービス収支、所得収支、経常移転収支)の最大の構成要素の一つなので、それだけに市場の注目度も高くなっています。

 

始めに2013年のニュージーランドの貿易情報を見てみましょう。

左が輸入、右が輸出で、一番下の「Total」は輸出の方が多いので、この年全体では貿易収支はプラスという結果でした。

ニュージーランド統計局のデータ
2013年 NZ貿易収支

輸出国・輸入国ともに共通で、第1位はオーストラリア(輸入:約19.8%、輸出:約22.6%)、第2位は中国(輸入:約13.1%、輸出:約14.8%)、第3位はアメリカ(輸入:約9.7%、輸出:約9.8%)、第4位が日本となっています。

このデータを見ても分かる通り、隣国のオーストラリア、中国、アメリカの3国との貿易が半数近くを占める割合であり、これらの国の経済動向の影響を受けやすいというニュージーランドの特徴があります。

 

貿易収支発表の際には、好調であればNZドルは買われやすく、不調であればNZドルが売られやすくなります。

 

経済指標名
貿易収支(the Trade Balance)
発表機関 発表時期 日本発表時間 重要度
ニュージーランド統計局 毎月 / 下旬 7:45 ★★★
指標のポイント
NZドル/円以外はあまり動かない傾向です。NZドル/円だと、おおよそ15pipsから20pips程度動くこともあります。

SNSでこの記事をみんなと共有しよう!