スイスの主要な経済指標の一覧

スイスの主な経済指標の一覧です。

 

スイスの経済指標の前に、かんたんにスイスについて解説します。

まずスイスの国柄ですが、永世中立国であることから、スイスの通貨「スイスフラン」は戦争の影響を受けにくい安全通貨となっています。

そのことから、戦争が起こったときにスイスフランが買われることを「有事のスイスフラン買い」と言われたりします。

また経済が安定していることから、一人あたりのGDPは世界トップクラスに高く、それに伴って物価も世界一高いと言われているほどの水準となっています。

 

そのため、通貨・経済が安定していることから、スイスの経済指標は同じヨーロッパ圏においてもユーロやイギリス、ドイツに比べると注目度も相対的に低めです。

2015年1月15日には、スイス国立銀行(中央銀行)が「1ユーロ = 1.20スイスフラン」の上限を撤廃すると発表し、その後大きくスイスフランが急騰するスイスショックもありましたが、それでもなおスイスフランは安全通貨として人気も高まっています。

 

そして、スイスフラン/円の値動きですが、ユーロ/円の値動きとの連動性が見られています。

安全通貨ではありますが、ユーロに比べても通貨自体の流通量は少ないことから、値動きの幅は大きくユーロよりも激しく変動する特徴がありますので、念頭に入れて置くようにしましょう。

スイスの経済指標ですが、日本時間の夕方過ぎ頃に発表があり、日本で確認できる経済指標は多くはありません。

ヨーロッパの中央に位置するスイスはユーロ、ドイツの経済指標の影響を大きく受けます。特にドイツはスイスの最大貿易国なので、スイスフランでトレードをする方は、ドイツの動向にも注目していきましょう。

※下記の時間はスイスの標準時間(10月最終日曜日AM1:00~3月最終日曜日AM1:00)で記載しています。
サマータイム時(夏時間、3月最終日曜日午前AM2:00~10月最終日曜日AM2:00)は下記表の時間が1時間早くなります。

スイスの経済指標 発表時期 日本発表時間 重要度
スイス・SVME購買部協会景気指数 毎月 / 初旬 15:30 ★★
スイス・消費者物価指数(CPI) 毎月 / 上旬 17:15 ★★★
スイス・失業率 毎月 / 上旬 15:45 ★★
スイス・貿易収支 毎月 / 下旬 16:00 ★★
スイス・KOF先行指数 毎月 / 下旬 17:00 ★★
スイス・SNB政策金利発表 毎月 / 中旬 17:30 ★★★★

SNSでこの記事をみんなと共有しよう!