貿易収支|スイスの経済指標

スイス・貿易収支は、スイスの政府と民間の輸出額から輸入額を引いた差額を表す経済指標です。

スイス国立銀行が毎月下旬(20日頃)に、前月の結果を公表しています。

 

貿易収支は、経常収支(貿易収支、サービス収支、所得収支、経常移転収支)の最大の構成要素の一つなので、それだけに市場の注目度も高くなっています。

スイスの主要産業には時計などの精密機器や医薬品、化学品関連が多く、天候や資源価格からの影響を受けにくい特性もあり、2002年以降から2015年の現在に至るまで、貿易収支は常に黒字で推移しています。

スイスの主要貿易相手国はドイツ、フランス、イタリアなどの近隣諸国、そしてEU内で占める割合が高く、またユーロとの連動性も見られますので、スイスフランのトレードをされる方はユーロやドイツの指標にも注目していきましょう。

 

発表の際には、予想値よりも発表値が良い結果であれば、スイスフランは買われやすくなります。

反対に、予想値よりも発表値が悪い結果であれば、スイスフランは売られやすくなります。

 

経済指標名
貿易収支(the Trade Balance)
発表機関 発表時期 日本発表時間 重要度
スイス国立銀行(Swiss National Bank) 毎月 / 下旬 16:00 ★★
指標のポイント
スイスの場合は日本の経済指標と同じく、値動きのきっかけとなりにくい場合が多いとされていますが、スイスショック以降はスイスフラン自体の値動きも大きくなりつつある傾向があります。

SNSでこの記事をみんなと共有しよう!