英・資産購入プログラム|イギリスの経済指標

英・資産購入プログラムとは、イングランド銀行(BOE)の金融政策委員会(MPC)により、イギリスの国債、コマーシャルペーパー(CP)や社債などを購入することによる、量的緩和政策のことです。

また、資産買い取りプログラムとも呼ばれています。

 

資産購入プログラムの規模(金額のこと)が拡大されるということは、市場にお金を流通させることを意味します。

通常、景気刺激策として金利を下げていけば、景気は回復に向かいますが、デフレが進んだ場合、ゼロ金利政策を行っても景気刺激による効果は望むことができません。

つまり、ほぼ金利がゼロの状態であっても銀行などの市場にさらに資金を流通させる、という量的緩和の一貫なのが、この資産購入プログラムとなります。

そのため、景気回復の兆しがはっきりとしてきたら、資産購入プログラムは終了となります。

 

この資産購入プログラムは、BOE・政策金利発表と同時に発表されています。

 

経済指標名
資産購入プログラム(Asset Purchases)
発表機関 発表時期 日本発表時間 重要度
BOE金融政策委員会(MPC) 毎月 / 上旬 21:00 ★★★★
指標のポイント
BOE政策金利発表と合わせて注目していきましょう。

SNSでこの記事をみんなと共有しよう!