英・失業保険申請件数|イギリスの経済指標

英・失業保険申請件数は、イギリスで失業保険を申請した件数をもとに公表される、経済指標です。

 

失業率と同時に、毎月中旬にイギリス国家統計局から発表があり、失業率とともに注目度の高い指標となっています。

失業保険の申請件数が減少すれば、失業者も減ってきていることから、景気は改善に向かっていると判断されます。反対に、申請件数が増加すれば、失業者が多くなってきていることから、景気は悪化に向かっていると判断されます。

イギリスの失業保険申請件数ですが、2011年8月以降は減少していましたが、2014年10月以降、やや上昇傾向が見られています。

 

この指標の結果次第では、ポンドは大きく変動します。失業率と合わせてチェックするようにしましょう。

 

経済指標名
失業保険申請件数(Initial Jobless Claim)
発表機関 発表時期 日本発表時間 重要度
イギリス国家統計局(ONS、Office for National Statistics) 毎月 / 中旬 18:30 ★★★★
指標のポイント
需要度が高いだけに、発表後は大きく変動しやすい傾向があります。平均40pips前後ですが、発表内容によっては100pips以上変動することもあります。

SNSでこの記事をみんなと共有しよう!