英・建設業購買担当者景気指数(PMI)|イギリスの経済指標

英・建設業購買担当者景気指数は(PMI)は、イギリスにおける建設業の景況感を見る経済指標で、Markit(マークイット社)と英公認購買部協会(CIPS)が公表しています。

 

一般的には、建設業PMIと呼ばれています。

 

この指標は、建設業の購買担当者にアンケート調査を行い、集計後、指数化されて公表されています。

建設業PMIが発表の際には、「50」が指標の良し悪しの分岐点となります。

50以上の数値であれば、建設業部門の景況感が良いと判断され、ポンドは買われやすくなります。

反対に、数値が50以下であれば、建設業部門の景況感が悪いと判断され、ポンドは売られやすくなります。

 

経済指標名
建設業購買担当者景気指数(Markit / CIPS UK Construction PMI)
発表機関 発表時期 日本発表時間 重要度
Markit(マークイット社)、英公認購買部協会(CIPS) 毎月 / 上旬 18:30 ★★
指標のポイント
ポンド/円であれば、平均的に20pips前後は変動する傾向があります。ときには40pips〜50pips程度変動することもあります。

SNSでこの記事をみんなと共有しよう!