英・RICS住宅価格|イギリスの経済指標

英・RICS住宅価格は、イギリス国内における不動産価格の動向を調査した結果を表す、経済指標です。

 

将来の住宅価格の動向に対して先行性があることから、イギリスの住宅市場の動向を計る上で重要な指標となっています。

英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)に所属する不動産業者・不動産鑑定士を対象に、住宅価格が上昇するか下降するかを聞き取り調査が行われ、その回答の割合が数値として公表されます。

不動産価格は景気動向と密接な関係があるため、RICS住宅価格はイギリス経済全体の動きを見るものさしともなっています。

 

発表の際には「0」が基準となっており、0以上で推移していれば、住宅価格は今後上昇するとみられ、景気が拡大すると判断されることから、ポンドは買われやすくなります。

反対に0以下で推移していれば、住宅価格は今後下落するとみられ、景気が縮小すると判断されることから、ポンドは売られやすくなります。

 

経済指標名
RICS住宅価格
発表機関 発表時期 日本発表時間 重要度
英王立公認不動産鑑定士協会(RICS) 毎月 / 中旬 09:01 ★★★
指標のポイント
指標発表直後のインパクトは小さめで、ポンド/円の場合でも10pips以上動かない傾向があります。

SNSでこの記事をみんなと共有しよう!