米・消費者信頼感指数(CCI)|アメリカの経済指標

米・消費者信頼感指数(CCI)は、民間の経済研究所である全米産業審議会(コンファレンスボード)が発表する経済指標です。

 

ミシガン大学消費者信頼感指数と区別するために、コンファレンスボード消費者信頼感指数(CB消費者信頼感指数)とも呼ばれています。

 

1985年を「100」として消費者マインドを指数化しており、調査は、現在の状況が2項目(景況感・雇用)と、6ヵ月先の状況が3項目(景況感・雇用・所得)の5項目があり、楽観であるか、悲観であるかがアンケートで行われます。

回答結果ですが、現状への評価は現況指数、6ヵ月先の景況感をは期待指数として、5項目の平均値で算出されて発表されます。

 

ミシガン大学消費者信頼感指数の速報300世帯・確報500世帯に比べると、こちらは5,000世帯と10倍多いことから、現状の景況感を測るにはこの指標の方が信頼性が高いとされています。

消費者の生の声をベースにしているため、個人消費やGDP(国内総生産)との相関性・連動性が強いと言われていて、また米国債やNYダウとの関連も深く、半年ほどの先行性を持つとされています。

 

経済指標名
消費者信頼感指数(CCI、Consumer Confidence Index)
発表機関 発表時期 日本発表時間 重要度
全米産業審議会
(コンファレンスボード)
毎月 / 最終火曜日 24:00 ★★★
指標のポイント
個人消費やGDPとの動きに類似点があるか、チェックしてみましょう。

SNSでこの記事をみんなと共有しよう!