米・FOMC議事録|アメリカの経済指標

FRB(米連邦準備制度理事会)のFOMC(連邦公開市場委員会)によって、政策金利発表の開催最終日に声明文が公表されます。

その最終日から3週間後にFOMCでの議論内容をまとめて公表されるのが、このFOMC議事録です。

 

通常は、FOMC政策金利発表した時点の内容で、大体の方向性は把握できますが、金利変更などの金融政策は

市場の注目度も著しく高いことから、議事録の内容によってはサプライズとなることも少なくありません。

FOMCでは政策金利の利上げについて議論されていることもあり、外国為替市場のほか、株式市場など金融業界全体で注目されています。

 

FOMC議事録は40〜50pips変動することもありますので、その動向にはぜひ注目してみましょう。

 

経済指標名
FOMC議事録(Federal Open Market Committee Proceedings)
発表機関 発表時期 日本発表時間 重要度
連邦公開市場委員会(FOMC) FOMCの3週間後 4:00 ★★★★★
指標のポイント
FOMC政策金利発表に比べるとインパクトは小さめですが、市場の関心度は高く、決して無視はできない指標です。

SNSでこの記事をみんなと共有しよう!