米・ISM非製造業景況指数|アメリカの経済指標

米・ISM非製造業景況指数は、アメリカの非製造業(サービス業)の景況感を見る経済指標です。

 

米供給管理協会(ISM:Institute for Supply Management)が、非製造業約370社の購買担当役員に、「生産・新規受注・在庫・雇用」の4項目は1ヶ月前と比べて、「良い・同じ・悪い」から選択してもらい、結果をパーセンテージで表して公表されています。

 

毎月の始めにもっとも早く発表されること、またアメリカの非製造業における企業のセンチメント(景況感)を反映した景気転換の先行指標とされていることから、ISM製造業景況指数とともに注目度の高い指標となっています。

アメリカ経済の構造上、サービス産業の比重が増加していることから、この指標も重要視されています。

 

50%が景気判断の分岐点となっていて、50%を超えれば非製造業の景況が良く、50%を下回ると非製造業の景況が悪化していることを示しています。

 

経済指標名
ISM非製造業景況指数(ISM Non-Manufacturing Report On Business)
発表機関 発表時期 日本発表時間 重要度
ISM(米供給管理協会) 毎月 / 第3営業日 24:00 ★★★★
指標のポイント
50%以上で景気が拡大傾向、50%以下で景気が縮小傾向と判断される。

SNSでこの記事をみんなと共有しよう!