米・ISM製造業景況指数|アメリカの経済指標

米・ISM製造業景況指数は、アメリカの製造業の景況感を見る経済指標です。

 

米供給管理協会(ISM:Institute for Supply Management)が、製造業約350社の購買・供給管理の役員に、生産、新規受注、在庫、価格、雇用などの項目について、前月と比較し、「良い・変わらず・悪い」から選択してもらい、その結果をパーセンテージで表して公表されています。

 

アメリカの主要な経済指標の中ではもっとも早く、毎月の第1営業日に前月分の結果が発表されているため、速報性に優れている指標です。

GDPに先行して景気転換を示唆する「景気転換の先行指標」として注目度は極めて高く、指標自体の精度も高い特徴があります。

 

50%が景気判断の分岐点となっていて、50%を超えれば製造業の景況が良く、50%を下回ると製造業の景況が悪化していることを示しています。

また、FRB(米連邦準備理事会)はこの指標が50%を下回っているときに利上げをしたことがないことからも、FRBの利上げスタンスを見極める意味でも注目されています。

 

アメリカの製造業の景況感を示す経済指標には、当指標のほかにフィラデルフィア連銀製造業景気指数ニューヨーク連銀製造業景気指数などがあります。

マーケットでは、ISM製造業景気指数の注目度がもっとも高く、次いでフィラデルフィア連銀製造業景気指数、ニューヨーク連銀製造業景気指数の順となっていて、この3指標は、相関性も比較的高めとなっています。

 

経済指標名
ISM製造業景況指数(ISM Manufacturing Report On Business)
発表機関 発表時期 日本発表時間 重要度
ISM(米供給管理協会) 毎月 / 第1営業日 24:00 ★★★★
指標のポイント
50%以上で景気が拡大傾向、50%以下で景気が縮小傾向と判断されます。
先行指標として、15日にNY連銀景況指数→第3木曜日にフィラデルフィア連銀景況指数の発表があります。こちらも要チェックです。

SNSでこの記事をみんなと共有しよう!