米・新築住宅販売件数|アメリカの経済指標

米・新築住宅販売件数は、アメリカで販売された新築住宅件数を、商務省経済分析局が集計して公表している、住宅関連の経済指標です。

 

新築住宅の販売件数や販売価格などを発表し、一戸建てに加えて、コンドミニアムと共同住宅を含めた数字も発表されます。

この指標ですが、土地付きの新築住宅販売が対象となっていて、既に保有する土地へ住宅を新築したものは除外されています。

 

販売件数・販売価格が上昇すれば、景気が上昇している、回復していると判断されることから、通常は米ドルが買われやすくなります。

統計のタイミングが違うことから、中古住宅販売件数よりも新築住宅販売件数の方が、より先行性が高いとされています。

 

住宅建設には建設資材が必要であり、また住宅が完成すれば家具や電気製品などの購入にも繋がります。

つまり、個人消費・景気全体の動向と極めて高い関連性があるため、自動車販売高とともに景気の先行きを見る上で高く注目されています。

新築住宅販売の数値は大きく修正されることがあるため、短期間だけで判断しないように注意しましょう。

 

経済指標名
新築住宅販売件数(New Home Sales)
発表機関 発表時期 日本発表時間 重要度
商務省調査(センサス)局
(The United States Census Bureau)
毎月 / 下旬 24:00 ★★★
指標のポイント
景気動向を計る上で、先行性がある部分に注目してみましょう!

SNSでこの記事をみんなと共有しよう!