米・フィラデルフィア連銀製造業景況指数|アメリカの経済指標

米・フィラデルフィア連銀製造業景況指数は、フィラデルフィア連銀の管轄地域(ペンシルベニア州東部、ニュージャージー州南部、デラウエア州)の製造業における景況感を表す経済指標です。

フィラデルフィア連銀指数やフィラデルフィア業況指数などの省略した言い回しも、この指標のことを指します。

 

この地域の製造業者に、就業者数、失業率、平均賃金、個人所得、新規受注・出荷・在庫・支払価格など11項目について、前月との比較や6カ月後の予想を集計して算出されています。

発表の際には「0」が景況判断の分岐点となっており、指数がプラスの場合は景況感が良く、逆にマイナスの場合は景況感が悪化していることを示します。

 

先に発表されるニューユーク連銀製造業景気指数がこの指標の先行指標とされており、また全国区のISM製造業景況指数との相関性も比較的高めとなっています。

 

経済指標名
フィラデルフィア連銀製造業景況指数(The Federal Reserve Bank of Philadelphia Business Outlook Survey)
発表機関 発表時期 日本発表時間 重要度
フィラデルフィア連邦準備銀行
(The Federal Reserve Bank of Philadelphia)
毎月 / 第3木曜日 24:00 ★★★
指標のポイント
15日にNY連銀製造業景況指数→第3木曜日にフィラデルフィア連銀製造業景況指数→翌月第1営業日にISM製造業景況指数という流れになります。それぞれ相関性がありますので、確認しておくことでISM製造業景況指数発表時の方向性も掴みやすくなります。

SNSでこの記事をみんなと共有しよう!