資源国通貨は資源価格(金、原油等)との連動性に注目

金と銀

金や銀、鉄鉱石や原油などの天然資源が豊富に産出される国の通貨は、総じて「資源国通貨」と呼ばれています。

FXの代表的な資源国通貨には豪ドルやNZドル、南アフリカランドなどがあります。

資源価格と連動性のある通貨ペア

例えば、金の算出が多い国の通貨は、金価格の上下に連動して動きやすい性質があります。FXで資源国通貨の取引をする場合、資源価格との関わりにはぜひ注目していきたいところです。

 

米ドル/南アフリカランドとプラチナ(オレンジ色)

米ドル/南アフリカランドとプラチナの逆相関

米ドル/カナダドルとWTI原油(黄色)

米ドル/カナダドルとWTI原油の逆相関

今回は、FXでメジャーな資源国通貨からマイナーなものまでを一覧にし、連動性が見られる傾向のある資源価格をまとめました。

 

こういった相関性で通貨の値動き傾向を分析することは、今後はどのくらいトレンドが継続するかを判断をする目安に利用ができます。

高金利通貨であれば、ポジションの手仕舞いポイントに応用するやり方もできるでしょう。

資源国通貨と主要な資源をチェックしよう!

各国の通貨と、相関性が見られている資源の一覧です。

資源国通貨一覧表

ニュージーランドは天然資源がたくさん採れる国ではありませんが、酪農、畜産による乳製品や肉などの商品市場の影響を受けやすいことから、資源国通貨と呼ばれています。

国・通貨名 主な産出資源(輸出量ランキング)
オーストラリア・豪ドル 鉄鉱石 - 1位(2014年)
石炭 - 1位(2014年)
金 - 2位(2015年)
ニュージーランド・NZドル 乳製品
南アフリカ・ランド プラチナ - 1位(2015年)
金 - 7位(2015年)
中国・人民元 金 - 1位(2015年)
メキシコ・ペソ 銀 - 1位(2014年)
ノルウェー・クローネ 原油(石油) - 12位(2014年)
天然ガス - 3位(2014年)
カナダ・カナダドル 原油(石油) - 4位(2014年)

なお、国ごとの資源産出量は、年ごとに変動があることも覚えておくようにしましょう。

近年では、南アフリカの金とノルウェーの原油は、産出量の減少が続く傾向となっています。

資源(商品)価格はこの銘柄に注目!

以下が先物取引の主な銘柄です。

NZドルの場合は、ニュージーランド最大手乳業メーカーのフォンテラ社が主催するGDT(グローバルデイリートレード)の乳製品国際価格に注目しましょう。

商品名 主な銘柄名(取引所など)
原油 WTI原油先物(NYMEX)
天然ガス 天然ガス(NYMEX)
鉄鉱石 鉄鉱石先物(中国の先物市場など)
金先物(COMEX)
銀先物(COMEX)
プラチナ プラチナ先物(COMEX)
乳製品 乳製品国際価格(GDT)

FX業者のチャートで、先物価格をかんたんに確認するには

商品先物のチャートはブルームバーグ楽天証券で見ることができます。

 

FXで資源国通貨の取引をするなら、スワップポイントが高いGMOクリック証券がおすすめです。

GMOクリック証券のチャート「プラチナチャートプラス」なら、日経平均やNYダウ、WTI原油や金価格と通貨ペアを同時に表示させて分析することができます。


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!