【米ドル/円・ユーロ/円・ユーロ/米ドル】値動きの相関性について

通貨ペアのイメージ画像

FXでいうところの値動きの相関性というのは、複数の通貨ペアにおいて、相場の方向性に何らかの関連性があるということです。

 

ある通貨ペアとある通貨ペアが、ともに上昇(下降)していることを「相関」といいます。
逆に、ある通貨ペアは上昇しているが、ある通貨ペアは下降しているときは「逆相関」といいます。

 

買われる通貨があるということは、売られる通貨があるということ。
その逆もまたしかりです。

 

それではFXの主要通貨ペアの相関性について見ていきましょう。

ユーロ/米ドルと米ドル/円の相関性

ユーロ/米ドルが上昇(下降)しているとき、米ドル/円の値動きは?

それでは、ユーロ/米ドルが上昇している局面だと仮定します。

ユーロが買われて米ドルが売られていますので、ユーロ高・米ドル安ということになりますね。

 

米ドルが下がれば円は相対的に上がりますので、「米ドル/円は米ドル安・円高になる」こととなります。

ユーロ/米ドルと米ドル/円の逆相関

つまり、2つの通貨ペアは反対の値動きをしていますので、逆相関となります。

 

ユーロ/米ドルと米ドル/円が「逆相関」のとき

EUR/USDが上昇するとき、USD/JPYは下降する傾向がある。(売りに注目。)

EUR/USDが下降するとき、USD/JPYは上昇する傾向がある。(買いに注目。)

EUR/USDとUSD/JPYが逆相関のときは、きれいなトレンドが出やすい。

例えば、ユーロ/米ドルは上昇し、米ドル/円は下降している相場だとすれば、米ドルが多く売られていると想像ができます。

 

このような「米ドル買い・米ドル売り」を中心とした場面では「逆相関」になりやすいのが特徴です。

ユーロ/米ドルと米ドル/円が逆相関のときはトレンドが出やすいため、米ドル/円は取引しやすい場面もよくあります。

 

※このときのユーロ/円の値動きは、ページ下部にて説明します。

ユーロ/米ドルと米ドル/円が、ともに上昇(下降)しているとき

例えば、ユーロ/米ドルと米ドル/円がどちらも上昇して、相関している相場だとします。

この場合、ユーロ高・米ドル安、米ドル高・円安となりますね。

 

少々ややこしくなってきたと思う方もいるかも知れませんが、このときの考え方としては以下となります。

 

「ユーロが買われていて、(ユーロほどではないが)米ドルも買われている。」

「円だけが弱い状態である。」

 

ユーロ/米ドルと米ドル/円の逆相関

ユーロドルが上昇し、米ドル円も上昇しているということは、このように見ると分かりやすいです。

ユーロ/米ドルと米ドル/円が上昇しているときは、以下の順で買いが優勢

EUR > USD > JPY

どちらも下降しているときは逆になります。

ユーロ/米ドルと米ドル/円が下降しているときは、以下の順で売りが優勢

EUR < USD < JPY

まとめると、このような場面ではユーロ/円の取引にチャンスが多い、ということになりますね。

ユーロ/米ドルと米ドル/円が「相関」のとき

EUR/USDとUSD/JPYがともに上昇するときは、EUR/JPYの買いに注目。

EUR/USDとUSD/JPYがともに下降するときは、EUR/JPYの売りに注目。

ユーロ/円の相関性について

ドルストレートとクロス円の仕組みを理解しよう!の記事でもご紹介しましたが、もう一度ユーロ/円の算出方法についておさらいしていきましょう。

ユーロ/円のレートは(ユーロ/米ドル)と(米ドル/円)掛けると求められます。

クロス円の計算方法

このように、米ドルを消去するとわかりやすいですね。

※ユーロ/円のみならず、ポンド/円や豪ドル/円などのクロス円はこのやり方で応用ができます。

ユーロ/米ドルと米ドル/円が逆相関するとき

ユーロ/米ドルが上昇し、米ドル/円が下降するとします。

どちらも同じパワーで反対方向に推移すれば、ユーロ/円は横ばいで推移します。

逆相関しているときのユーロ/円の変動幅 ユーロ/円が横ばいで推移するケース

ユーロ/米ドルと米ドル/円が「逆相関」のとき

上昇と下降の強さが同じなら、EUR/JPYは横ばいで推移する。

明らかにEUR/USDとUSD/JPYが反対に推移していたら、EUR/JPYは取引に不向き。

ただ、ユーロ/米ドルか米ドル/円、片方の通貨ペアの上昇(下降)が強ければ、ユーロ/円もその方向に推移していくことも覚えておくとよいです。

ユーロ/米ドルと米ドル/円が相関するとき

相関しているときのユーロ/円の変動幅

ユーロ/米ドルと米ドル/円、どちらも上昇(下降)するときは、相乗効果がもたらされてユーロ/円相場は大きく変動します。

ユーロ/円の変動が大きくなるケース

ユーロ/米ドル、米ドル/円がともに上昇するとき

EUR/JPYは大きく上昇するので、買いから入るとチャンスが多い。

ユーロ/米ドル、米ドル/円がともに下降するとき

EUR/JPYは大きく下降するので、売りから入るとチャンスが多い。

【まとめ】主要通貨の取引戦略

  • EUR/USDが上昇し、USD/JPYが下降するときはUSD/JPYの売りに注目する。
  • EUR/USDが下降し、USD/JPYが上昇するときはUSD/JPYの買いに注目する。

  • EUR/USDとUSD/JPYが上昇するときは、EUR/JPYの買いに注目する。
  • EUR/USDとUSD/JPYが下降するときは、EUR/JPYの売りに注目する。

こちらのページで使っているGMOクリック証券のプラチナチャートプラスは、1つの画面に複数通貨ペアを重ねて表示ができますので、通貨の相関性を分析して取引したい方にはおすすめです!

今回はラインチャートを使っていますが、ローソクチャートで表示も可能です。

プラチナチャートプラスは口座開設後、取引システムにログインすれば利用できます。


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!