FX通貨ペア-アルファベット3文字の通貨コードの見方

USD/JPYのように、3文字のアルファベット同士で表示されるFXの通貨ペア。

この通貨ペアの見方について解説していきます。

3つのアルファベットにはどんな意味がある?

まずはアルファベットについて説明します。

3文字のうち「左の2文字が国名」を表し、「最後の文字は通貨の名称」を表しています。

米ドル → United States Dollar → USD

日本円 → Japanese Yen → JPY

ポンド → Great Britain Pound → GBP

 

基本的にはこの仕組みなのですが、一部で例外もあります。

 

ユーロはヨーロッパの経済協力圏で使われている通貨ですが、ヨーロッパ全体を表す意味もあります。

「2文字・1文字」のルールに基づくとEUEになりそうですが、ユーロは最後の文字を省いたEURが使われています。

 

ほかにもロシアで使われているルーブル(Russian Ruble)は「RUR」ではなく「RUB」が使われていたりします。

 

このような3文字で表す通貨を通貨コードといい、これはISO4217という国際的な基準でルールが定めらています。

この通貨コードを2つ並べると、FXでお馴染みの通貨ペアになるという訳です。

メジャー通貨の通貨コードを見てみよう!

FXでよく取引されている国の通貨コードの一覧表です。

 

= ほとんどのFX業者で取引が可能。

国・地域名 通貨コード 通貨名 取扱業者
アメリカ USD 米ドル
ユーロ EUR ユーロ
日本 JPY 日本円
イギリス GBP ポンド
オーストラリア AUD オーストラリアドル
ニュージーランド NZD ニュージーランドドル
カナダ CAD カナダドル
スイス SWF スイスフラン
南アフリカ ZAR 南アフリカランド
トルコ TRY トルコリラ 外為どっとコム
中国 CNH 人民元 外為どっとコム
香港 HND 香港ドル ヒロセ通商
シンガポール SGD シンガポールドル ヒロセ通商
メキシコ MXN メキシコペソ 外為どっとコム
スウェーデン SEK スウェーデンクローナ 外為どっとコム
ノルウェー NOK ノルウェークローネ 外為どっとコム

FXではどの通貨ペアを選ぶべき?

FXは世界中の通貨を自由に売買できることが魅力の投資です。

上記表以外にも通貨はありますが、未記載の通貨はFXで覚える必要はありません。

 

FX業者では平均的に15〜30通貨ペア、多いところだと50〜80通貨ペアのところもありますが、好まれて売買されているのはこちらです。

 

3大通貨「米ドル・ユーロ・円」

米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドルは、FXで多くの方が売買する王道の組み合わせです。

ユーロ/米ドルは、日本ではあまり馴染みのない印象ですが、世界で一番多く取引されている通貨ペアです。

「ポンド・豪ドル・NZドル・カナダドル・フラン」

3大通貨に5つを加えた8通貨で、FX取引全体の多くを占めています。

より大きな値動きを狙う中級者以上の方や、スワップ金利狙いで売買がおこなわれています。

このなかでも、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円は高い人気を誇ります。

「南アフリカランド・トルコリラ」

8通貨ペア以外はマイナー通貨と呼ばれています。

南アフリカランドとトルコリラはマイナー通貨の代表格で、スワップ金利を狙った売買で注目されています。

これからFXを始めたい初心者の方は、変動幅が少ない米ドル/円から始めるのがおすすめです。

ほかの通貨ペアに興味のある方は、米ドル/円に慣れてきてから挑戦すると良いでしょう。

 


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!