ドルストレートとクロス円の仕組みを理解しよう!

通貨のイメージ画像

「ドルストレート」と「クロス円」、両者の違いと特徴について解説します。

ドルストレートとクロス円

まず、ドルストレートについて説明します。

FXではメジャーな米ドル/円、ユーロ/米ドルのように、米ドルが直接絡んだ通貨ペアをドルストレートといいます。

 

タイプ 通貨ペア
ドルストレート 米ドル/円、ユーロ/米ドル、
ポンド/米ドル など
クロス円 ユーロ/円、ポンド/円、
豪ドル/円、NZ/円 など

対して、米ドルを含まない、それ以外の通貨と円の組み合わせをクロス円といいます。

 

まずドルストレートの算出方法について説明しますが、いたってシンプルです。

単純に、1米ドル/110円1ユーロ/1.2米ドルといった風に、米ドルと2国間のレートを見るだけです。

クロス円のレートの算出方法

対してクロス円はレートの算出が異なってきます。

米ドルは現在基軸通貨なので、ユーロ/円やポンド/円のように、米ドル以外の取引をする場合でも、米ドルを介さなければいけない仕組みとなっているのです。

 

例えばユーロ円の取引をする場合、

「米ドルを円で買ってから米ドルでユーロを買う。」

という流れとなります。

 

ただFXではこのような売買をするのは現実的ではありません。

以下の計算方法で、かんたんにクロス円のレートを求めることができます。

EUR/USD × USD/JPY = EUR/JPY

(1ユーロ=1.2米ドル) × (1米ドル=100円) とすれば、 1ユーロ = 120円 ということになります。

 

ユーロ/円の取引なら、単純にユーロの値動きだけを追えばよいと思っていた方もいるかも知れません。

実際には、2国間の動向だけではなく米ドルの値動きも見ていく必要がある、ということになります。

ドルストレートを中心に考える

何か為替変動に関わる大きな出来事があったとき、よくテレビやニュースでは「円が全面安」「クロス円が急落」などと伝えられる場面もあります。

円が全面安ならすべての通貨に対して下落していることが分かりますが、クロス円の場合はそうともいきません。

クロス円が急落の場合には、「米ドル/円も同時に下落しているのか?」「米ドル/円以外が下がっているか?」がすぐ分かる方は、そのときの本質をしっかり理解しているということなのです。

クロス円はドルストレートよりもレート変動が激しい

FXではユーロ/ドルの取引量が世界でもっとも多く、米ドル/円もかなりの取引量であることからも、ドルストレートは比較的落ち着いた値動きをする傾向があります。

反してクロス円は、ドルストレートの影響を常に受けてしまうことで、ねうきが激しくなりがちなのです。

 

例えば、ユーロ/円の取引をしているとします。

ユーロ/米ドルと米ドル/円がどちらも上昇していれば、両方の力が働くため、ユーロ/円は他の2通貨ペアよりも大きく上昇する、といった値動きをするのです。

 


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!