相対取引(あいたいとりひき)

外国為替市場では、株式市場のように「特定の場所」での取引は行なわれません。

つまり、相対取引とは、取引所を介さずに、金融機関など当事者同士が、売り手と買い手となり、相対(一対一)で交渉し、値段、数量、決済方法などの売買内容を決定する取引方法のことを指します。

一般的には店頭取引とも呼ばれ、FXではその多くが相対取引となります。

このうち、くりっく365FXは取引所での取引となるため、相対取引ではありません。

同義語:OTC(Over The Counter)

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!