ボックス相場(Boxed Range)

ボックス相場とは、一定の変動幅の範囲内で価格が上がったり、下がったりを何度も繰り返えす相場のことで、レンジ相場とも呼ばれます。

箱の中に閉じ込められたかのように、一定の価格帯で上下していることから、ボックス相場との呼び名がついています。

具体的には、レジスタンスライン(抵抗線)とサポートライン(支持線)に挟まれた値幅内(高値と安値が一定のレンジ)で価格が推移する形がレンジ相場となります。

通常、相場の先行きを決定する材料(ニュース)が少ないときや、相場の先行きが不透明でどちらにも大きく動きずらいときなどにボックス相場になりやすい傾向があります。

また、ボックス相場では、テクニカル分析のオシレーター系を用いて、サポートラインの下限に来たときに買い、レジスタンスラインの上限に来たときに売るという売買手法が有効ですが、レジスタンスラインを抜けた場合には新たなトレンドが発生するため、大きな損を出さないためにも逆指値注文を置いておくことは重要です。

関連語:トレンド相場

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!