キャリートレード(Carry Trade)

キャリートレードとは、金利の低い通貨を借り入れ、より高い金利の高い通貨で運用し、その金利の差を利用して利益を得ることで、機関投資家やヘッジファンドなどが大規模に仕掛けている取引手法です。

このうち、通貨が日本円で借り入れとなる場合は円キャリートレード、ドルで借り入れとなる場合はドルキャリートレードといいます。

FXでは、低金利通貨として知られている「日本円」や「スイスフラン」がキャリートレードの対象となりやすい性質があり、例えば円キャリートレードが加速した場合は、円が売られやすくなることから、円安になるとされています。

個人投資家がFX取引で高金利の通貨を買い、スワップポイントを稼ぐのも一種のキャリートレードといえますが、取引では為替変動による損益の可能性もありますので注意も必要です。

関連語:円キャリートレード

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!