カウンター・パーティー(Counter Party)

カウンター・パーティーとは、取引の相手のことで、主に金融機関(銀行)のことを指します。

外国為替取引やスワップ取引、オプション取引、大口の債券の取引などは、金融商品取引所を介さずに直接相手と取引を行なう、インターバンク取引が一般的です。

投資家はそれぞれ独自の基準をもとにカウンターパーティー(取引相手)の信用度をランク付けすることで、信用度の高い取引相手と売買が行なわれます。

このような取引相手のリスクのことを、カウンターパーティー・リスクや決済リスクといいます。

FXでは、FX業者が個人投資家との取引リスクをカバーする先(信託保全先)である金融機関を指す場合もあります。

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!