デッドクロス

デッドクロスとは、2本の移動平均線を使うテクニカル分析において、短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下に抜けることをデッドクロスといいます。

「より直近の価格傾向が下向きに転じた」とみられるために売りサインとされています。

ただし、移動平均線の期間の取り方によっては、クロスする時期と実際の値動きにズレが生じるため、うまくいかないことがありますので、注意が必要です。

長期間の移動平均線であれば信頼性も高く、上昇を続けた相場が転換するポイントとなる、トレンドの分岐点を見るための判断材料として、利用されています。

反対に、短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に抜いたときはゴールデンクロスと呼ばれ、こちらは買いサインとして見られています。

詳しくは、ゴールデンクロス・デッドクロスの見方・使い方の記事で画像も交えて解説していますので、どうぞご参考にしてみてください。

関連語:ゴールデンクロス

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!