電信買相場(でんしんかいそうば)

電信買相場とは、銀行が顧客の外貨を買う為替レートのことです。

TTB(Telegraphic Transfer Buying Rate)とも呼ばれます。

 

個人側から見れば売るレートのことで、各外貨の基準レートである仲値TTM)に、銀行が設定した一定の手数料を引いたレートとなります。

つまり、銀行に預けた外貨預金を円に戻す場合は、実際の取引レートに手数料が引かれた金額が支払われます。

 

海外旅行から帰ってきたときに銀行や空港で円に両替するときや、外貨預金の満期時に円に戻す時、海外からの外貨送金を受け取るときのレートがこれにあたり、実際の取引レートに手数料が引かれた金額が支払われる(受け取る)こととなります。

 

反対に、顧客が金融機関で円貨を外貨に換える場合に適用されるレートを電信売相場TTS)といい、金融機関は顧客から為替手数料(為替コスト)を取ることにより、外貨を安く買って、外貨を高く売るという仕組みになっています。

 

・TTB(電信買相場)=仲値-為替コスト

・TTS(電信売相場)=仲値+為替コスト

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!