有事のドル買い(ゆうじのドルがい)

有事のドル買いとは、戦争紛争など有事の際に、世界の基軸通貨であるドルが買われることをいいます。

これは、世界で最も流動性が高いことから、ドルは安心資産であるとの考えや経験則に(アノマリー)よるものです。

近年では、9・11でアメリカがテロの標的になったこともあり、以前に比べて有事のドル買いの動きは弱まりつつあると言えます。

また有事が起こった状況によっては、「有事のドル売り」にもなりますので、注意も必要です。

有事のドル買いと同様に、スイスは永世中立国であり通貨価値も安定していることから、「有事のスイスフラン買い」として買われたりします。

関連語:スイスフラン

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!