ドルコスト平均法(Dollar cost averaging)

ドルコスト平均法とは、定期的に継続して定額ずつ購入することにより、中長期で平均購入コストを引き下げられる投資手法のことです。

定期定額購入法とも呼ばれます。

FXでいえば、毎月一定額で買い付けていけば、価格が下落した時にはたくさんの量を購入でき、価格が上昇して高い値段の時には少ない量しか購入できないため、平均コストを安く抑えることができる、という意味となります。

しかしこれには注意も必要で、長期的に上昇トレンドであれば効果的な投資法といえますが、長期的に下落トレンドにある場合は、ナンピンを繰り返す結果となり、マイナスとなってしまうこともあります。

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!