固定相場制(こていそうばせい)

固定相場制とは、為替相場を一定の範囲内に固定する制度のことをいいます。

ぺッグ制とも呼ばれます。

ほとんどの先進国では、市場の需要と供給の動きを通じて為替レート決める変動相場制が採用されていますが、新興国の中には、この固定相場制を採用している国もあります。

固定相場制のメリットとしては、為替の変動がないことから貿易が安定することが挙げられます。

変動相場制での貿易は、自国通貨が割高になれば輸出産業にダメージを受けますが、固定相場制ではそのようなことが起こりません。

ただ、固定相場制のデメリットとして、相手国の金利に左右されることがあります。

また特定の国ではなく、複数の通貨の平均値に連動させる「バスケット制」をというのもあります。

関連語:変動相場制ドルペッグ

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!