外国為替及び外国貿易管理法(外為法、がいためほう)

外国為替及び外国貿易管理法とは、1949年に施行された対外取引に関する基本法です。

外為法とも呼ばれます。

98年に施行された新外為法では内外の資本取引が自由になり、個人や企業が自由に対外取引を行えるようになりました。

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!