為替スワップ(かわせすわっぷ)

為替スワップとは、通貨を対象とするデリバティブ(金融派生商品)取引のひとつで、異なる通貨間のキャッシュフローを交換する(スワップする)取引のことです。

日本の銀行が円を担保に入れて外国銀行からドルを借り、一定期間後にドルを返す、というような仕組みになっていて、主に貿易業者などが活用しています。

英語名である「foreign currency swap」そのまま使用して、カレンシースワップや通貨スワップと呼ばれることも多くあります。

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!