外国為替(Foreign Exchange)

外国為替とは、日本と外国など、異なる2つの国の通貨を交換することで、英語では「Foreign Exchange」といい、FXの名称の由来となっています。

この通貨を交換する行為のことを「外国為替取引」といい、ニュースでもよく用いられている「為替レート」とは、2つの国の通貨を交換するときの比率(レート)を表します。

 

FXは証拠金(保証金)をFX業者に預託して証拠金を預け、レバレッジをかけて取引を行うことから、日本語で正しくは外国為替証拠金取引、これを短縮して「外為」とも呼ばれています。

日本では一般的にFXと言われていますが、海外ではForex(フォレックス)と広く呼ばれています。

 

FX以外にも外貨建ての金融商品には、外貨預金や外貨建てMMF、外国投信などがありますが、他の金融商品にはないFXだけの特徴として、「売りからの注文が可能なこと」「レバレッジを利用した売買が可能なこと」「売買手数料が極めて安いこと」「銀行預金の金利にあたる、スワップ金利が他の金融商品よりも有利であること」「少額から取引を始められること」などが挙げられます。

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!