外国投信(がいこくとうしん)

外国投信とは、日本国内で販売されている投資信託の中でも、外国の法律に基づいて、運用会社によって設定・運用されている外国籍の投資信託のことです。

また、外国籍投資信託とも呼ばれています。

 

「外資系運用会社が運用するファンド」や「海外の株式や債券に投資する投資信託」という商品のことではなく、設定が海外か日本国内かが違うだけで、国内の証券会社からも販売されています。

外国投信には米ドル建てMMFやユーロ建てMMFも含まれ、通貨には米ドル建て、ユーロ建てのほか、円建てでできる商品もあります。

多くの外国投信は、国内の投信と比べ、高い運用利回りに期待ができる反面、収益が大きい可能性があれば、それに比例してリスクも大きくなります。

また他の外貨建て商品と同様に、投資した後に円安基調であれば為替差益のメリットがありますが、円高基調になると為替差損が出るリスクがあります。

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!