フォワード(Forward)

フォワードとは、取引日から3営業日目以降に決済を行う為替取引のことです。

このフォワード取引では、スポット取引(直物為替取引)と区別するために、先物為替取引ともいいます。

また、相対で行われる予約取引のことを指しますので、日本語では先渡し取引とも呼ばれます。

 

フォワード取引は、主に企業などが外国との取引のときに予約取引をすることで、為替の変動リスクを回避するための取引として使われています。

 

FXの先物取引は、シカゴ先物取引所(CME)で取引されている「信用先物取引」や「金融先物取引」などとは異なります。

単に「先物取引」だけでは混同されやすいので、FXの先物取引はフォワード取引、先物為替取引、先渡取引などとと呼んで区別しています。

 

同じ先物取引でも、信用取引での先物取引のことをフューチャーと呼びます。

フォワード取引では決済日が自由に決められる相対取引ですが、フューチャーは決済期間が決められている取引所取引となります。

関連語:フューチャー

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!